image
image
HOME  > 症例 > 全体的に歯を失われた方のAll-on-4インプラントによる治療

全体的に歯を失われた方のAll-on-4インプラントによる治療

キャラクター
60代 女性
主訴(一番気になること)
噛むところがない
治療内容
全顎インプラント All-on-4

若い頃から入れ歯でずっと噛みにくかったが、少しずつ歯が減っていき、ついには噛むところがなくなったため、上下とも総入れ歯と言われ、他の解決策を探して相談に来られた患者様です。インプラントも検討されておられましたが、インプラント治療をされたお知り合いの方から「痛かった」という噂を聞き、不安を感じておられました。カウンセリングの中で、いつかはしっかり噛めるように治療したいという思いが不安を乗り越え、インプラントによる全顎的な治療を決断されました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

ほぼすべての歯が脱落し、長期間の義歯生活から顎の骨もかなりなくなってきています。この場合、インプラントを使ったAll-on-4という治療が有効で、片顎4本(上顎は6本)のインプラントですべての歯を支えるという方法です。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

通常、インプラントによるフルマウス(全顎的な)治療であれば、1歯に対して1本のインプラントを埋入していくと、費用も期間もかなり負担の大きなものとなってしいます。All-on-4であれば手術は1回、全部含めても数回の治療で終わるため、患者様にとって負担の少ない治療となります。

上の写真のようにアングルワイダーという口を開く機械を使えば状態では、歯茎の部分が気になるかもしれませんが、日常の生活ではほとんど目立ちません。入れ歯と違い固定されていますので、お口の中でモゴモゴと動いたり、極端に発音に影響が出ることもほとんどありません。

治療前

治療後

治療前
治療後

All-on-4は1歯に対して1本のインプラントに比べれば、機能的・使用感は劣るかもしれませんが、入れ歯に比べれば安定して使用でき、見た目や日々のメインテナンスにおいても利点の多い治療です。

お口の健康は身体の健康の入り口とも言われています。しっかり噛めなくなり咀嚼能力が低下すれば、内蔵が弱ってきたり脳の働きに影響が出ることもわかってきています。「噛めなくなった」というお悩みは、単に毎日の生活が不便になるだけではなく、自身の健康を脅かすことにもなりかねません。失った歯のことでお悩みなら、まずは歯科医に相談して頂ければと思います。

治療の内容 歯根破折した歯に対して、抜歯即時埋入術によるインプラント治療を行った
期間・回数 10ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 オールオン4×2(上下) 5000000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image