image
image
HOME  > 症例 > セラミックブリッジによる前歯の審美回復

セラミックブリッジによる前歯の審美回復

キャラクター
20代 男性
主訴(一番気になること)
前歯が膿んでいる
治療内容
前歯部のセラミックブリッジによる審美回復

過去にぶつけた歯が膿んできたということでご相談に来られた患者様です。膿んだ歯は動揺しており、患者様自身もかなり気にされいてるご様子でした。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

精密な検査を行いましたが、揺れている歯は骨と全く結合しておらず、抜歯を免れることは出来ませんでした。後日カウンセリングにて抜歯後の治療の相談を行っていきました。抜歯後の治療としては、通常インプラントが最も自身の歯に近い治療としてご提案することが多いのですが、こちらの患者様は全身状態(服用している薬)の問題によりインプラント治療が出来ませんでした。お話の結果、セラミックブリッジを用いて審美的な修復を行うことになりました。

治療後

治療後
治療後
治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

抜歯後、骨の吸収が進んでいましたので、骨と歯肉の移植を行い、歯ぐきも自然な形に整いました。

治療前

抜歯後

治療前
抜歯後

形成後

治療後

治療前
抜歯後

患者様にとって、最良の治療はその患者様ごとに異なってきます。それは身体的な状態や治療の目的、予算も含めてどんな治療をしていきたいのかによっても変わってくると思います。

それらを考慮した上で治療計画を立て、患者様にとって一番良い方法を探すことが、我々歯科医師の努めではないかと考えています。

歯が抜けた悲しさや、歯を抜かなければならない不安はよくわかります。ただ、大切なのはその後どのような治療を行うかです。スター歯科では患者様にあらゆる治療法の情報をご提供し、その患者様にとって一番の治療を探し、ご提案します。

治療の内容 外傷にて内部吸収し抜歯が必要な歯に対して、抜歯したのちに歯周外科(歯肉の形を改善する治療)を行い、ブリッジによる治療を行った
期間・回数 10ヶ月・10回(カウンセリング・検査含む)
費用 セラミッククラウン(130,000円)✕3+歯周外科(50,000円) 合計440,000円+税
リスク・副作用
  • 歯周外科後に近接歯牙および周囲組織の炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image