image
imageimage
HOME  > 一般診療 > 小児歯科・小児矯正(子どもの歯の治療)

小児歯科・小児矯正(子どもの歯の治療)

お子様へ「大人になっても”歯で困ることのない人生”」をプレゼントしませんか?

子どもの歯はむし歯になりやすい

お子様は大人に比べ歯の清掃が完全に行き届かないことが多くあます。乳臼歯などは、生え始めにむし歯になりやすいとされており、日常的なケアやチェックが必要とされています。
また、永久歯も同じく生え始めは酸に侵されやすいことからむし歯になりやすく、2歳から15歳ぐらいまでは、特にむし歯のチェック・早期対策が必要となる時期と言えます。

予防の重要性

中には「どうせ生え変わるから」と乳歯のむし歯を気にされなかったり、痛みが出るまで歯医者に行かない方もおられます。ご存知の通り乳歯の下には永久歯があり、その生育の妨げになるのは容易にわかると思います。
とはいえ、幼児期にむし歯が出来てしまってもなかなか治療は困難で、最終的には入院設備のある病院で全身麻酔下でむし歯治療をしなければならないような大事になることも考えられます。
そのために、スター歯科では「むし歯にならないための治療」を推奨し、フッ素の塗布や定期的なクリーニングによってお子様のお口の健康を守ります。

お子様のむし歯

むし歯は罹患し始めに痛みを感じません。しかし、進行するという特徴から、気づかずに放って置くとC1からC2、C3とどんどん大きくなっていく病気です。そして痛みを感じれば残念ながら神経を抜く処置をしなければいけません。故に早期発見が重要なのですが、子どものむし歯は白く、発見が難しい場合が多くあります。そのためにも定期的な検診によって、お子様のお口をプロの目で確認してもらいましょう。乳歯の虫歯を放置し、悪化してしまうと永久歯への生え変わりが上手くいかないことがあります。乳歯には、適切な位置に永久歯を生えさせる役割があります。生え変わりの時期に虫歯で乳歯がダメになっていると、適切な位置に永久歯が生えない・永久歯が生えなくなるなどの影響があることもございます。また、永久歯が生えるためのスペースは乳歯が確保しています。抜歯した際、出来た隙間を埋めるようにして周囲の歯が動いていきます。虫歯で乳歯を抜いてしまうと、永久歯が生えるため十分なスペースがなく、歯並びや嚙み合わせが悪くなる場合があります。乳歯の虫歯の放置リスクは高いため、「生え変わるからそのままにしても大丈夫」と思わずに、初期段階で治療をしましょう。

 

上手く治療を受けられないお子様でも安心!スター歯科の「なかよし治療」

お子様との接し方

歯科医院での治療に恐怖心があり、上手く治療を受けられないお子様のために、スター歯科ではお子様の治療において「なかよし治療」を心がけています。まずは、歯科医師や歯科衛生士との良好な関係を作り、無理に口を開けさせたり強引に治療をせず、練習から行っていきます。


  • 1.まずはお話をします。いきなり治療に入ることはありません
  • 2.「ムシバイキンがいるか探してみよう!」楽しく治療に挑めるよう関係を構築していきます
  • 3.バキュームを掃除機、タービンを電車などと身近なものに例えながらお口に入れる練習をします
  • 4.機器や歯科医に怖さを感じなく慣れば徐々に治療を行っていきます
  • 5.フッ素塗布や定期的なチェックとクリーニングでむし歯になりにくい状態を作ります

お子様の歯並びについて

お子様を持つ親御さんにとって、むし歯の他にもう一つ気になるのが歯並びです。歯並びが悪くなる原因は遺伝・顎の大きさ・習癖などが考えられます。遺伝に関しては仕方がないところもありますが、顎の大きさや習癖などは改善の見込みがあります。
顎の大きさは、生活習慣や摂取する食事・咀嚼回数や方法などのアドバイスが可能です。習癖に関しては指しゃぶりや舌癖、口呼吸などが原因で不正歯列となるため、トレーニングが必要となります。
不正歯列(悪い歯並び)は見た目だけでなくむし歯や歯周病のリスクが上がり、口臭などの原因にもなりかねません。
スター歯科では、お子様の歯を診させていただく際、同時に歯並びのチェックも行っております。歯並びに問題がある場合はカウンセリングにてご説明させていただきますので、一緒にお子様のお口の健康について相談しましょう。

小児矯正とは

小児矯正とはお子様の矯正で、自費診療となっております。歯が生えそろってから12歳ぐらいまでに行いⅠ期矯正と、10歳ぐらいから成人するまでに行うⅡ期矯正があります。Ⅰ期矯正は骨格矯正と言って、歯科で外科を使わず骨格を治せる唯一の治療法です。主にプレオルソや拡大床というアゴの骨を広げる装置を使い、歯が並ぶスペースを作ってあげる治療です。装置により骨格から治療していき、バランスの良いアゴになるよう成長を促すので、将来の顔立ちへの良い影響も期待できます。また、Ⅰ期治療を行うことによって歯の並ぶスペースの確保ができるので、Ⅱ期矯正の際に歯を抜かずに治療できる確率は大幅に上がります。Ⅱ期矯正はマウスピースやワイヤーで歯をキレイに並べていく矯正です。Ⅰ期矯正で永久歯がキレイに生えるように誘導できていれば、不必要なこともあります。

小児矯正のメリット

・骨格から矯正できる
小児矯正では拡大床という器具を用いて、骨格の正しい成長を促します。それにより、歯の並ぶスペースの確保・顔立ちへの良い影響などの効果が期待できます。
骨格からの矯正は発達途中の小児のみ可能な治療です。
・比較的治療期間が短い
小児矯正は骨格の成長を正しく導くことで治療を進めるため、治療機関が短くできることができます。
・抜歯がいらないことが多い
小児矯正は、装置により骨格の成長をコントロールしながら歯を並べていきます。したがって、生え変わる前に永久歯のスペースを確保することができるため、大切な歯を抜かずに済むケースが多いです。
・費用を安く済ませることができる
小児矯正は成人矯正と比べると費用を抑えることができます。

小児矯正の種類

・ムーシールド

ムーシールドとは、反対咬合(下の前歯が上の前歯より前に出ている状態)を改善するマウスピース型の矯正器具です。
主に骨格が成長途中のⅠ期治療に使用するもので、一日の装着時間は「日中1時間」と「寝ているとき」が目安です。
・プレート(拡大床)

プレート(拡大床)装置とは、口の中につく樹脂製の床部分と、歯に力を加えるワイヤー部分でできた、取り外し可能な装置です。
装置の中央にはスクリュー(ねじ)が埋め込まれており、少しづつ広げながらあご・歯列を拡大して歯を綺麗に並べられるスペースを作ります。
主に骨格が成長途中のⅠ期治療に使用するもので、個人差はあるものの一日の装着時間は、1日12~15時間程度が目安です。
・ワイヤー矯正

ブラケットという装置にワイヤーを通し、歯の傾きや位置を整えて行う一般的な歯並び矯正です。
お子さまの永久歯が生えそろった時期から始めるⅡ期治療に用いられます。

予防矯正(プレオルソ)

お子様の歯並びや口呼吸、嚙み合わせ、お口ポカーン、いびきなど気になっている症状はございませんか?そのような症状をプレオルソで改善していくことができます。プレオルソとは、子どもの歯並びの改善を行うマウスピース型の矯正装置です。子どものときに舌の悪い癖、悪い飲み込み癖、姿勢改善をすることで、筋肉や顎を正常に発育・成長させて、きれいな歯並びに持っていくことができます。

プレオルソの特徴

・取り外し可能
マウスピース矯正なので、取り外し可能です。そのため、洗浄でき、お口の中を清潔に保つことができます。

・後戻りがしにくい
お口の癖を改善していく治療法であり、根本的に歯並びを整えるので後戻りしにくいです。

・日中1時間と就寝時だけの装着
日中の1時間と就寝の時だけなので、お子様への負担が少ないです。

フッ素について

フッ素については、歯をむし歯から守る働きがあることが広く知られていますが、それと同時に人体に有害であるということが取り沙汰されることもあります。確かに、フッ素は一度に大量摂取すれば人体に悪い影響を及ぼす毒となります。しかし、フッ素は海産物や農産物にも含まれ自然に傾向摂取しているような身近な存在です。用法・容量を守って仕様すれば、お子様を歯をむし歯やさんから守り、健康の一助になるお薬です。
スター歯科ではお子様の状態や年齢を確認し、適量を歯に塗布を行う、安全に考慮したフッ素塗布を積極的にお勧めしています。


診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水※(1)・土 9:30~17:00(※1)
※(1)水曜午後医院研修の為、臨時休診有
※予約優先、急患対応可能です。まずはお電話下さい。
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image