image
imageimage
HOME  > 一般診療 一般診療

小児歯科・小児矯正(子どもの歯の治療)

お子様へ「大人になっても”歯で困ることのない人生”」をプレゼントしませんか?

子どもの歯はむし歯になりやすい

お子様は大人に比べ歯の清掃が完全に行き届かないことが多くあます。乳臼歯などは、生え始めにむし歯になりやすいとされており、日常的なケアやチェックが必要とされています。
また、永久歯も同じく生え始めは酸に侵されやすいことからむし歯になりやすく、2歳から15歳ぐらいまでは、特にむし歯のチェック・早期対策が必要となる時期と言えます。

予防の重要性

中には「どうせ生え変わるから」と乳歯のむし歯を気にされなかったり、痛みが出るまで歯医者に行かない方もおられます。ご存知の通り乳歯の下には永久歯があり、その生育の妨げになるのは容易にわかると思います。
とはいえ、幼児期にむし歯が出来てしまってもなかなか治療は困難で、最終的には入院設備のある病院で全身麻酔下でむし歯治療をしなければならないような大事になることも考えられます。
そのために、スター歯科では「むし歯にならないための治療」を推奨し、フッ素の塗布や定期的なクリーニングによってお子様のお口の健康を守ります。

お子様のむし歯

むし歯は罹患し始めに痛みを感じません。しかし、進行するという特徴から、気づかずに放って置くとC1からC2、C3とどんどん大きくなっていく病気です。そして痛みを感じれば残念ながら神経を抜く処置をしなければいけません。故に早期発見が重要なのですが、子どものむし歯は白く、発見が難しい場合が多くあります。そのためにも定期的な検診によって、お子様のお口をプロの目で確認してもらいましょう。乳歯の虫歯を放置し、悪化してしまうと永久歯への生え変わりが上手くいかないことがあります。乳歯には、適切な位置に永久歯を生えさせる役割があります。生え変わりの時期に虫歯で乳歯がダメになっていると、適切な位置に永久歯が生えない・永久歯が生えなくなるなどの影響があることもございます。また、永久歯が生えるためのスペースは乳歯が確保しています。抜歯した際、出来た隙間を埋めるようにして周囲の歯が動いていきます。虫歯で乳歯を抜いてしまうと、永久歯が生えるため十分なスペースがなく、歯並びや嚙み合わせが悪くなる場合があります。乳歯の虫歯の放置リスクは高いため、「生え変わるからそのままにしても大丈夫」と思わずに、初期段階で治療をしましょう。

 

上手く治療を受けられないお子様でも安心!スター歯科の「なかよし治療」

お子様との接し方

歯科医院での治療に恐怖心があり、上手く治療を受けられないお子様のために、スター歯科ではお子様の治療において「なかよし治療」を心がけています。まずは、歯科医師や歯科衛生士との良好な関係を作り、無理に口を開けさせたり強引に治療をせず、練習から行っていきます。


  • 1.まずはお話をします。いきなり治療に入ることはありません
  • 2.「ムシバイキンがいるか探してみよう!」楽しく治療に挑めるよう関係を構築していきます
  • 3.バキュームを掃除機、タービンを電車などと身近なものに例えながらお口に入れる練習をします
  • 4.機器や歯科医に怖さを感じなく慣れば徐々に治療を行っていきます
  • 5.フッ素塗布や定期的なチェックとクリーニングでむし歯になりにくい状態を作ります

お子様の歯並びについて

お子様を持つ親御さんにとって、むし歯の他にもう一つ気になるのが歯並びです。歯並びが悪くなる原因は遺伝・顎の大きさ・習癖などが考えられます。遺伝に関しては仕方がないところもありますが、顎の大きさや習癖などは改善の見込みがあります。
顎の大きさは、生活習慣や摂取する食事・咀嚼回数や方法などのアドバイスが可能です。習癖に関しては指しゃぶりや舌癖、口呼吸などが原因で不正歯列となるため、トレーニングが必要となります。
不正歯列(悪い歯並び)は見た目だけでなくむし歯や歯周病のリスクが上がり、口臭などの原因にもなりかねません。
スター歯科では、お子様の歯を診させていただく際、同時に歯並びのチェックも行っております。歯並びに問題がある場合はカウンセリングにてご説明させていただきますので、一緒にお子様のお口の健康について相談しましょう。

小児矯正とは

小児矯正とはお子様の矯正で、自費診療となっております。歯が生えそろってから12歳ぐらいまでに行いⅠ期矯正と、10歳ぐらいから成人するまでに行うⅡ期矯正があります。Ⅰ期矯正は骨格矯正と言って、歯科で外科を使わず骨格を治せる唯一の治療法です。主にプレオルソや拡大床というアゴの骨を広げる装置を使い、歯が並ぶスペースを作ってあげる治療です。装置により骨格から治療していき、バランスの良いアゴになるよう成長を促すので、将来の顔立ちへの良い影響も期待できます。また、Ⅰ期治療を行うことによって歯の並ぶスペースの確保ができるので、Ⅱ期矯正の際に歯を抜かずに治療できる確率は大幅に上がります。Ⅱ期矯正はマウスピースやワイヤーで歯をキレイに並べていく矯正です。Ⅰ期矯正で永久歯がキレイに生えるように誘導できていれば、不必要なこともあります。

小児矯正のメリット

・骨格から矯正できる
小児矯正では拡大床という器具を用いて、骨格の正しい成長を促します。それにより、歯の並ぶスペースの確保・顔立ちへの良い影響などの効果が期待できます。
骨格からの矯正は発達途中の小児のみ可能な治療です。
・比較的治療期間が短い
小児矯正は骨格の成長を正しく導くことで治療を進めるため、治療機関が短くできることができます。
・抜歯がいらないことが多い
小児矯正は、装置により骨格の成長をコントロールしながら歯を並べていきます。したがって、生え変わる前に永久歯のスペースを確保することができるため、大切な歯を抜かずに済むケースが多いです。
・費用を安く済ませることができる
小児矯正は成人矯正と比べると費用を抑えることができます。

小児矯正の種類

・ムーシールド

ムーシールドとは、反対咬合(下の前歯が上の前歯より前に出ている状態)を改善するマウスピース型の矯正器具です。
主に骨格が成長途中のⅠ期治療に使用するもので、一日の装着時間は「日中1時間」と「寝ているとき」が目安です。
・プレート(拡大床)

プレート(拡大床)装置とは、口の中につく樹脂製の床部分と、歯に力を加えるワイヤー部分でできた、取り外し可能な装置です。
装置の中央にはスクリュー(ねじ)が埋め込まれており、少しづつ広げながらあご・歯列を拡大して歯を綺麗に並べられるスペースを作ります。
主に骨格が成長途中のⅠ期治療に使用するもので、個人差はあるものの一日の装着時間は、1日12~15時間程度が目安です。
・ワイヤー矯正

ブラケットという装置にワイヤーを通し、歯の傾きや位置を整えて行う一般的な歯並び矯正です。
お子さまの永久歯が生えそろった時期から始めるⅡ期治療に用いられます。

予防矯正(プレオルソ)

お子様の歯並びや口呼吸、嚙み合わせ、お口ポカーン、いびきなど気になっている症状はございませんか?そのような症状をプレオルソで改善していくことができます。プレオルソとは、子どもの歯並びの改善を行うマウスピース型の矯正装置です。子どものときに舌の悪い癖、悪い飲み込み癖、姿勢改善をすることで、筋肉や顎を正常に発育・成長させて、きれいな歯並びに持っていくことができます。

プレオルソの特徴

・取り外し可能
マウスピース矯正なので、取り外し可能です。そのため、洗浄でき、お口の中を清潔に保つことができます。

・後戻りがしにくい
お口の癖を改善していく治療法であり、根本的に歯並びを整えるので後戻りしにくいです。

・日中1時間と就寝時だけの装着
日中の1時間と就寝の時だけなので、お子様への負担が少ないです。

フッ素について

フッ素については、歯をむし歯から守る働きがあることが広く知られていますが、それと同時に人体に有害であるということが取り沙汰されることもあります。確かに、フッ素は一度に大量摂取すれば人体に悪い影響を及ぼす毒となります。しかし、フッ素は海産物や農産物にも含まれ自然に傾向摂取しているような身近な存在です。用法・容量を守って仕様すれば、お子様を歯をむし歯やさんから守り、健康の一助になるお薬です。
スター歯科ではお子様の状態や年齢を確認し、適量を歯に塗布を行う、安全に考慮したフッ素塗布を積極的にお勧めしています。



むし歯の治療について

むし歯の治療で歯を削るとき

むし歯の治療は、初期であればフッ素塗布等で再石灰化を促したり、進行するまでは経過観察を行なうなど、削らない場合もあります。
しかし進行が進み始めると、出来る限り早くに削らなければ、むし歯はどんどん広範囲に拡がってしまいます。ですから「もう少し様子を見て」と自己判断でしばらく待っていると、どんどんむし歯は拡がってしまいます。
歯を削りたくないという方もたくさんおられますが、歯科医師が「削る」というときは、これ以上放置しておくとまずい状態ということです。

 

むし歯を大きく削るワケ

むし歯の治療の後、鏡を見てみたら「小さかった筈のむし歯のところに大きな削り跡が・・・」とショックを受ける方もおられます。確かにむし歯の大きさに比べて、大きく削ることがありますが、これには理由があります。
歯科医は、どちらかというと歯を削りたくはないというのが多くの意見であると思います。しかし、いざ削るときは、むし歯の取り残しと再発に注意をして治療を行います。
むし歯を取り残してしまえば、詰め物や被せ物をしても中でどんどんむし歯が拡がってしまいます。また、詰め物や被せ物が歯ときちんと削った歯に適合しなければ、隙間から新たに菌が入り込み、詰め物や被せ物の隙間や内側に新たなむし歯が出来てしまう原因となります。そのために切削し形を整える「形成」という手順を踏む必要があるのです。もちろん、形成を行う上でも「最小限の切削量」を目指しますが、おそらくむし歯を取り除くだけと思っておられる方にとっては、大きく見えてしまうかもしれません。

 

詰め物や被せ物の選び方

むし歯の治療の後には詰め物や被せ物をしなければいけません。小さいむし歯でも、削るだけで放置してしまうと、そこだけ歯質が薄くなっているので歯が弱くなったり、柔らかい象牙質のままであればむし歯に感染しやすい状態でもあります。そのため、詰め物や被せ物という補綴物を歯の代わりにセットするのですが、この補綴物には様々な種類があります。大切なのは、治療後のお口の状態をどうしたいかによってお選びいただくことです。例えば、むし歯のリスクに強いものであれば金やセラミック(自由診療)、むし歯や歯周病のリスクにも強くて見た目もキレイなものであればセラミック(自由診療)、とにかく金額を抑えたい場合は保険適用の銀歯(パラジウム)など、ご自身のご要望に応じてお選びいただくことが出来ます。
詳しくは、特徴やメリット・デメリット、あなたの希望にはどれがふさわしいかなどのご提案をする「補綴カウンセリング」を受けてお選び下さい。

 

むし歯がいっぱいでお悩みの方

 

スター歯科のメール相談では、むし歯がたくさんあるけど「歯医者が怖い」「見られるのが恥ずかしい」ので歯科に通えないというご相談をたくさん頂いております。「歯医者が怖い」「歯科恐怖症」の方のほとんどが過去の記憶やトラウマが原因となっていることが多いです。そのため「いったら必ず削られる」「痛い注射をされる」などと考えてしまい、治療できずにどんどん悪くなってしまうという悪循環を起こしています。また、「見られるのが恥ずかしい」と思う方も、そのせいでもっと見せにくい状態になってしまいこれも悪循環となってどんどんお口の状態が悪くなってしまいます。いずれも、まずは治療できるかどうか、見せることが出来るかどうか、試してみることが大切です。スター歯科ではいきなり歯を削ることはありませんし、場合によっては初日は相談だけということも可能です。また、どんな状態であろうと、それを見て「よし!なんとかしよう」と思うことはあっても、その状態を卑下したり笑ったりすることはありません。その状態から少しでも改善することが我々歯科医師の努めです。怖がる必要も恥ずかしがる必要もございません。まずは相談のつもりでお越しください。

 

保険と自由診療の違い

むし歯治療でも歯周病治療、欠損治療でも保険診療と自由診療(自費治療ともいいます)というものがあります。歯医者では、共通語のように「保険」「自由診療」と言っていますが、患者様の中にはわからない方もおられると思います。簡単に言うと、世の中の全ての治療は全て自由診療で受けていただくことが出来ます。ですから保険診療と同じ内容を自由診療で行うことも可能です。(あくまで例えで保険が使えるのにわざわざ自由診療で受ける必要はありません。)つまり、世の中にあるたくさんの治療の中から、国で決められた

必要最低限の治療としてごく一部に保険が使用出来るということです。

多くの方が、治療には保険証を使うという認識かもしれません。もちろん、保険で充分な治療もありますが、「もっと良くなる方法がある」と知った方が自由診療でもっと良くなる方法選ばれます。治療には個人差があるので、人によって効果は違いますが、明らかに素材や特徴は異なるものがあるということは、結果ももちろん違うということです。もし、「当たり前」という観点で保険診療を選ばれているようでしたら、一度カウンセリングに耳を傾けてみて下さい。保険という選択肢もご用意しておりますので、ご自身で理解してあなたにとってベストな治療を、歯科医師のアドバイスの元お選び下さい。もちろんどんな治療を選ばれても私達はその治療に全力で当たります。



歯周病・歯槽膿漏とは

歯周病による歯の喪失原因

歯周病は歯を支える歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(歯を支える骨)などを蝕む病気で、細菌が原因となっておこる感染症です。お口の中にこの歯周病菌が定着することで、歯肉の炎症や腫れなどの症状が静かに始まります。歯周病の症状は初期には自覚しないことも多く気がつけば症状が進み、治療が難しくなってきます。
歯周病には早めの治療と予防が大切とされており、スター歯科クリニックではこの歯周病を始めとした予防を中心に、口腔内を清潔に保ち続けるお手伝いを行っています。

本当に怖い歯周病

歯周病による歯の喪失原因

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症ということでギネス・ワールド・レコーズにも載っている非常に恐ろしい病気です。日本人も成人の80%が感染していると言われ、歯を失う原因の第一位となっています。
また、近年では全身にも悪影響を及ぼすことでも取り上げられることが多くなり、糖尿病、心疾患、早期低体重児出産、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症などとの関わりが明らかになり、その恐ろしさは研究が進めば進むほど明るみに出てきました。あなたの家族や身近な人が患った病気の一因が歯周病であるかもしれません。歯周病は個人差はあるものの、確実に自身の健康に関わる恐ろしい病気です。直接的な痛みや症状ではなく、じわじわ身体を蝕んでくる。そんな病気であると考えたら治療・予防した方が良いと思いませんか?歯周病は毎日のセルフケアに年に数回の歯科での予防を加えるだけでその進行を多いに食い止めることが出来る病気です。
自身の健康、他人への感染を防ぐためには、年に3〜4回で結構ですので歯科での予防へお越しください。

歯周病と口臭

歯周病による口臭

前述したように歯周病は初期には自覚症状の少ない病気です。そのため自分が罹患していることに気が付かない方も多いのですが、症状として自覚することのひとつに「口臭」があげられます。ある日突然、「身近な人との会話の距離が遠くなった」「身近な人から口臭を指摘された」「会話の最中に不快な表情をされた」などで口臭に気づく方もおられます。歯周病は口臭を伴う病気です。しかも口臭の原因はいくつもあり「歯肉からの出血による生臭さ」や「歯周ポケット内の細菌の死骸の発酵」、「歯肉からの膿」など、改善するべき点はいくつもあります。逆にこれら全ては歯周病治療によって改善することも出来るということです。
お口の匂いが気になる方、お口が臭っているのではないかと不安な方、一度「口臭が気になる」でも「歯周病っぽい」でも結構です。スター歯科にご相談に起こし下さい。



歯周病の症状

 

歯周病は自覚症状の出にくい症状ではありますが、徐々に「あれ?」と思うような小さな症状が現れてきます。一つでも当てはまるようであれば「歯周病の可能性」があります。

  1. 歯ぐきに違和感やかゆみを感じる
  2. 歯ぐきが浮いた感じがする、腫れている
  3. 冷たいものがしみる
  4. 歯磨き時に血が出ることがある
  5. 朝起きたら口の中がネバネバする
  6. 歯ぐきを押すと出血や白いものが出る
  7. 口臭が気になる、指摘された
  8. 歯ぐきの色が悪い・赤黒い
  9. 歯と歯の間に物が挟まりやすい
  10. 歯が動揺する、押すと揺れる
  11. 歯が長くなった気がする
  12. 歯並びが悪くなったような気がする

半分以上当てはまる場合は、中等度や重度の歯周病に進行している可能性があります。早めの受診をお薦めします。

歯周病の原因とその治療

歯周病の原因は歯周病菌というお口の中にいる細菌です。そしてその細菌がお口に潜む原因は、人からの感染(家族・恋人間でのキスや直箸、回し飲み等)やセルフケア(歯磨きやフロス等)不足などが考えられます。
歯周病菌はお口の中の歯垢(磨き残しや食べかす)を餌とし、歯石(歯垢が固まったもの)を住処としてお口の中で繁殖していきます。そして知らない間に歯ぐきや歯槽骨を侵食していき、体内へと入っていくこともあります。
歯周病の治療としては、この歯周病の住みかとなっている歯垢や歯石をキレイに落とすことと、歯周病菌を減らすことにあります。
歯科では歯垢や歯石はスケーリングやSRPという施術で除去し、必要に応じて投薬で歯周病菌を減らしていきます。歯周病は歯科の治療で改善出来る病気です。早目にご受診下さい。



むし歯の進行と治療について

むし歯の進行

C1(初期虫歯)

image

エナメル質という歯の一番表面の硬い組織が溶けはじめ、浅い穴が出来た状態です。自覚症状はほぼありませんので、定期検診やセルフチェックでしか見つけることができません。治療としては虫歯の部分を取り除いて、代りに樹脂や金属を詰めて治療をすることもあれば、削ることで悪化を招くようであれば経過を診ることもあります。治療回数はおおよそ1回で終わることが多いです。

C2

image

むし歯がエナメル質の下の象牙質にまで達してしまった状態です。症状としては甘いものや冷たいものがしみたりし始めます。一般的に象牙質は痛みを感じると言われており、浸潤麻酔下で歯を削っていきます。むし歯部分の除去が終わった後は金属や白い(自由診療)陶器のような詰め物や被せ物で修復していきます。治療回数は2~3回で終わることが多いです。

C3

image

むし歯が歯髄という歯の神経にまで達してしまった状態です。神経に達しているため痛みも強い場合が多いです。激しい痛みを通りすぎると一度痛みが消えることがありますが、これは歯髄が完全に死んでしまうためで治ったわけではありません。治療としては歯髄とむし歯を除去し、歯の根の治療を行った上で金属や白い(自由診療)陶器のよう被せ物で修復していきます。治療回数は1本あたり5~10回程度かかります。

C4

image

むし歯が進み、歯のほとんどが無くなってしまった状態です。ほとんどとは、見えている部分のみではなく、歯の根もむし歯に侵されてしまった状態です。ここまでくると歯を残すことは不可能です。残念ながら抜歯となります。治療回数は抜歯ですので1回で済みますが、そのまま放置してしまうと、他の歯へも影響をおよぼす為、して欠損補綴(歯を失った後の治療)を考えなければなりません。治療回数は3〜10回程度かかります。



むし歯の原因

むし歯ができる4つの原因

1.細菌

image

むし歯は感染症です。細菌(特にミュータンス菌)による感染を起こす病気なのです。ミュータンス菌は両親や家族などから感染し、一度感染すると酸で歯を溶かしていき、そこからむし歯が始まるのです。


2.糖分

image

甘い物を食べるととむし歯になると言うように、甘い物によってミュータンス菌は作られます。甘いものはむし歯の菌にとっても美味しい餌です。また、乳酸菌飲料などにはラクトバチラス菌という身体に比較的良い菌が入っています。

しかしこの菌は身体には良くても歯には悪く、ミュータンス菌が溶かした歯をどんどんむし歯を進行させてしまいます。

3.歯の質や歯並び

image

歯には虫歯になりにくい歯、なりやすい歯があります。それは歯の硬さであったり密度、免疫の問題などがその原因です。こればかりは遺伝や環境によりますので何ともしがたいところはありますが、予防という観点で見れば他の3つの原因を予防するという点では同じになります。
しかし、歯並びは遺伝や生育環境によるものが多いものの、矯正という手段で回避することが出来ます。歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくく、歯垢の取り残しから虫歯になるリスクが通常よりも高くなってしまうのです。


4.時間

image

一口に時間と言っても様々な時間があります。例えば食事をしてから歯を磨くまでの時間、歯垢ができてからむし歯菌が悪さをするまでの時間、歯垢が歯石になるまでの時間。
それら全ての時間がむし歯が出来る原因に密接して関係しており、むし歯になってから治療に至るまでの時間によってその程度は軽度から重度まで変化していきます。




診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水※(1)・土 9:30~17:00(※1)
※(1)水曜午後医院研修の為、臨時休診有
※予約優先、急患対応可能です。まずはお電話下さい。
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image