image
image
HOME  > 自由診療 > 歯科恐怖症相談 > 短期集中歯科治療(自由診療)

短期集中歯科治療(自由診療)

一般の治療では難しい方、忙しくて歯医者に多く通えない方には、静脈内鎮静法を利用した短期集中歯科治療をご提案することがあります。短期集中歯科治療は、痛みを伴う治療や大きな処置が必要な治療を1度にまとめて行うことで、全体的な治療期間や回数を大幅に減らすことが可能な治療法です。短期集中歯科治療は、以下のような方にお薦めの治療です。

  • ◎極度の歯科恐怖症・治療が苦手な方
  • ◎嘔吐反射の強い方
  • ◎忙しい方、治療回数や期間を短縮したい方

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、血管内に鎮静薬を注入することで、まるで眠っているかのような状態で治療を進める方法です。ある程度意識を残して治療を行うことも可能ですが、健忘効果の働きにより多くの方が治療の最中の記憶が残らない場合が多い麻酔です。痛みに関しては併用して局所麻酔を行いますので、痛みや意識・記憶、さらには時間的感覚もないままに治療を終わったと感じたりします。
静脈内鎮静に関しては、歯科麻酔が担当し、治療中の意識や体調の管理を行います。静脈内鎮静法は一部保険が適用される方法もありますが、期間を短縮し、再発リスクを出来る限り少なくする治療を行うためには指定外の薬剤・治療法を使用することが多いため、当院では自由診療を中心に行っています。

静脈内鎮静法の全身麻酔との違い

全身麻酔は完全に意識を失い、体も動かない状態で行う治療で、呼吸管理のため気管内にチューブを通す必要性があり、リスクも高い治療です。中には歯科でも日帰りで全身麻酔を使った治療を行うところもありますが、スター歯科では患者様の安全を考慮し治療が必要な方は、大学病院等の入院設備が整った病院へご紹介をしております。
一方の鎮静麻酔は、眠ったような状態にはなりますが、歯科医師の問いかけに応じることが出来るようコントロールすることが可能な麻酔です。全身麻酔に比べるとリスクも少ない治療と言えます。ただし、稀にですが静脈鎮静法を使っても治療が困難な方もおられますのでその場合は然るべき病院に紹介し、全身麻酔下での治療を受診していただきます。

静脈内鎮静法の特徴

  • ◎治療中の記憶が残らない場合が多いです。
  • ◎入院の必要がありません。
  • ◎眠っているかのような感覚で治療が可能です。
  • ◎治療中も自発呼吸・術者とのコミュニケーションが可能です。

静脈内鎮静法のリスク

  • ◎治療当日は乗り物の運転は控えて頂く必要があります。
  • ◎回復後も眠気が残る可能性があります。
  • ◎意識が完全になくなる訳ではないため、あまりに長時間の治療は困難です。
  • ◎中には治療中の記憶が残る方もおられます。
  • ◎静脈穿刺時に疼痛が伴います。

歯の治療をしたくても、怖さや時間の問題で思い切った治療が出来ない方、スター歯科のカウンセリングをご受診下さい。


診療について

午前診療
月・火・木・金 9:30~13:30
水・土 9:30~13:00
午後診療
月・火・木・金 15:00~19:00
水・土 14:00~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image