image
image
HOME  > 自由診療 > 歯並び矯正治療 > 歯並び矯正治療

歯並び矯正治療

スター歯科クリニックでは、患者様のとのカウンセリングの中で、必要であると考えた患者様に対しては「歯並び矯正治療」を含めた治療計画をご提案することがあります。
歯並び矯正というと「子供がするもの」「見た目を気にする人がするもの」と思われておられる方もいらっしゃいます。しかし、私たち歯科医師にとってみると「不正咬合を正す治療」とういのが正しい認識と言えます。もちろんその先に「見た目の美しさ」や「清潔さ」を伴うわけですが、そもそも私たちが「矯正が必要」と考え、お伝えする場合、「見た目の改善」よりむしろ、「咬み合わせの改善」を考えています。例えば歯を一本キレイに治療したとして、果たしてその歯はどうして悪くなってしまったのでしょうか。磨き残し?外部からの圧力によるもの?不注意?色んな想像はできますが、往々にして考えられっるのが「咬み合せの問題」です。

歯並び・咬み合わせが悪いと

  • 歯ブラシが届きにくく、磨き残しやすい所ができやすい
  • 食べ物が詰まりやすく、歯垢や歯石が着きやすい
  • 咬み合わせの力のバランスが崩れ、局所的に力が加わりやすい
  • 見た目が悪くコンプレックスになりやす

など、様々な弊害が考えられます。その他にも不正咬合によってアゴの骨が歪んでしまったり、咬合崩壊で何本もの歯を失う原因となったりすることもあります。歯並び矯正はそれらを防ぐ方法の一つです。歯並び矯正というと「何年も歯に金具を付けて過ごすのは嫌」という方も少なくありません。
しかし、その先の未来、その先何年健康な歯で美味しくものを食べれるかをお考え頂き、ご提案させて頂いた際にはご一緒に考えて頂ければと思います。歯並び矯正は、数年先のお口と身体の健康を守るためにも有用な治療です。

小児矯正とは

小児矯正とは、お子様の矯正で、歯が生えそろってから12歳ぐらいまでに行いⅠ期矯正と、10歳ぐらいから成人するまでに行うⅡ期矯正があります。中でもⅠ期矯正は骨格矯正と言って、歯科で外科を使わず骨格を治せる唯一の治療法です。主に拡大床というアゴの骨を広げる装置を使い、歯が並ぶスペースを作ってあげる治療です。Ⅰ期治療を行ったからといって必ずしも並びきるというわけではありませんが、それを行うことによってⅡ期矯正の際に歯を抜かずに治療できる確率は大幅に上がります。「それならやらなくてもいいのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、もし自分の子供が矯正が必要なようであれば、私はⅠ期矯正を必ず行います。

Ⅱ期矯正はワイヤーで歯をキレイに並べていく矯正です。Ⅰ期矯正で永久歯がキレイに生えるように誘導できていれば、不必要なこともあります。

成人矯正とは

いわゆる大人の矯正で、ブラケットやワイヤー・マウスピースなどの矯正力を使って歯を並べる方法です。歯を並べるスペースが無い場合は健康な歯を抜歯することもあります。主訴としては審美的な改善を目的とされる方が多くいらっしゃいますが、スター歯科クリニックでは咬み合わせ・不正咬合の改善を目的としてその副産物として審美性を追求しています。ですから無理やりな歯の並べ方や咬み合わせのバランスが取れないような治療は行いません。「咬み合わせもしっかり治して見た目もキレイ」にが当院の成人矯正のモットーです。


診療について

午前診療
月・火・木・金 9:30~13:30
水・土 9:30~13:00
午後診療
月・火・木・金 15:00~19:00
水・土 14:00~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image