メール相談
簡単WEB予約
神戸市垂水区の歯医者【スター歯科クリニック】HOME  > 自由診療
自由診療

審美歯科治療とは

審美歯科とは

審美歯科とは、審美修復・審美回復を目的とした歯科治療です。例えばセラミックの前歯やホワイトニングのように「白い歯」の治療がその代表です。正確には「審美歯科」という標榜はなく、「審美治療」を審美歯科と呼んでいることがほとんどです。
スター歯科の歯の審美治療は、見た目の修復・回復だけはなく、咬み合わせも考えた機能的な審美治療を行っています。例え美しく見えてもその治療のせいで他の歯の寿命を短くしたり、その場しのぎ見た目の治療ではなく末永く美しく・機能的に保つための「治療」の一環として審美性を追求していきます。
とはいえ、歯自体が健康であってもその形状からコンプレックや心的外傷の要因となるような場合は、機能と強度を残しながら削ることもいたします。
スター歯科では患者様にとってより美しく、より長く保てる治療を、カウンセリングを通しながら一緒に考えて治療を行っていきます。

自然で白い歯「セラミック冠治療」

セラミックによる治療

セラミックという陶器のような材質でできた歯による治療です。セラミックという素材は、その材質上汚れが着きにいということ、見た目が歯に近いということから審美部位(前歯など)の治療に適しているとされています。例えば陶器のお皿とプラスチックのお皿をイメージして下さい。カレーを食べたとき、着色が残るのはどちらでしょうか?プラスチックですね。それと同じくお口の中でもセラミックは清掃性が高く、白くて天然歯に近い歯を永年持続することが可能なのです。スター歯科では、「自然な色味の歯にしたい」「白さを保てる歯を入れたい」というご要望に対してセラミック冠をご提案しています。

付け爪のような白い歯「ラミネートベニア」

ラミネートベニア

天然の歯を薄く削り、その上に付け爪のようなセラミックの歯を被せる方法です。セラミック冠のように歯を多く削らず、天然の歯を残しながら見た目をキレイにしてくれます。前歯のすき間を埋めたい方や、歯の形を整えたいとういご要望に対しご提案していきます。



インプラント治療

インプラントとは

C1

歯が抜けた後の治療法の一つにインプラント治療があげられます。インプラント治療とは、歯が抜けた後に歯の代替えとしてチタンの歯の根を骨に埋入し、骨と結合させることで1本の歯として機能させる方法です。他の歯に負担をかけることがないため、咬み合わせを考えた上でも、使用感として自分の歯に近い治療となります。(使用感には個人差があります)また、チタンはアレルギーの少ない金属で、鋼鉄以上の硬さがあるため、親和性・耐久性としても優れた治療です。


インプラントのメリット

インプラントのメリット

親和性が高い 金属アレルギーが少なく、身体に優しい素材で出来ています。

審美性が高い 技工士や医師の技術にもよりますが、天然歯に近い形状を保てます。

咬み合わせに良い 歯と同じく独立して機能するため周りの歯に負担をかけない。

長期使用が可能 メインテナンスやケアの状態によっては長期間の使用が認められている


インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

費用がかかる 保険が効かないため自己負担が多い。

外科的な処置が必要 インプラントを埋入するための手術が必要(抜歯と同程度)。


インプラントは優れた治療

インプラントは優れた治療

インプラントというと、テレビやマスコミでは悪いところばかりが取り沙汰されることが多い治療ですが、大前提として優れた治療です。成功率も歯の根の治療よりも高く、10年余後も良好な結果が数字的にも出ています。
但し知識のない歯科医師がメーカーがやっているセミナーを受けただけで治療を行ったり、手術設備やCT、感染予防設備もなしに手術を行うことで患者様に不利益な結果を招くことがあります。
スター歯科クリニックでは、しっかり勉強し、しっかり経験を積んだドクターが、きちんとした診査診断のもと治療計画を立てて治療を行いますので、安心して治療を受けて頂けます。まずはカウンセリングにて、どんな治療をどんなドクターが行うのか、しっかり患者様自身で確認してから治療を決めて下さい。スター歯科クリニックは責任を持ってあなたのインプラントを成功へと導きます。



歯医者が怖い・苦手な方の治療

歯科恐怖症・歯医者が怖い方

歯科恐怖症

スター歯科では予約システムを利用し、待ち時間を少なくし、治療に関しては痛みの少ない方法を可能な限りご提供しています。しかし、一昔前まで歯科医院の治療と言えば、受付で待たされ、やっと診療台に座ったら口を開けて歯を削る。そんな治療を経験された方も少なくないかもしれません。そんな治療を経験された方の中には、そのトラウマから「歯科恐怖症」になってしまった方や、「歯医者が苦手」という意識をお持ちになられた方もおられます。そしてそれが原因で、歯科に通うことができなくなり、結果むし歯や歯周病を放置してしまい、歯を失ってしまったとい方を何人も見てきています。同時に、歯科恐怖症を克服し、歯医者に通えるようになった方も大勢見てきました。

実際、厚生労働省のホームページ、「健康日本21」の歯の健康においても、「定期的に歯石除去や歯面清掃などの予防処置、指導を受けることが歯の喪失の防止に重要であることが示され、5年間の観察で定期的に歯石除去等を受けた群の1人平均喪失歯数は0.37歯であったのに対し、受けなかった群の喪失歯数は1.39歯であったとされている」という記述があります。噛み砕いて言うと予防・定期検診に通っている人は歯を失う確立が低いということです。

予防

つまり、歯医者が怖く通えない方というのは、この「予防的措置」を受診する機会を失っているということになってしまうのです。スター歯科では「歯医者が怖い」方こそ治療を最小限にとどめるために、しっかり治療して悪くなりにくい口腔内にすることで、将来的に苦手な治療を受ける可能性を低くしてあげることが大切であると考えています。

ですから、痛くて仕方が無くなり、苦手な歯医者に勇気を持ってきてくれた方に、カウンセリングでしっかりと不安を取り除き、出来るところからゆっくりと、可能な限り痛くなく・怖くない治療で、最後まで治療を受けて頂けるよう努めることをお約束致します。
まずは、相談のつもりでご相談にお越し下さい。いきなり歯を削ったり抜いたりすることはありません。今悪いところを治し、痛い治療ではなく気持ちの良い予防で通えるよう、歯科恐怖症を克服しましょう。

嘔吐反射が強い方

歯科恐怖症

お口の中に手や器具が入ると、「オエーッ」っとなってしまう方、それは嘔吐反射という生理反射です。ただ、中にはそれが過敏な方が多くおられ、治療が困難な方もおられます。
嘔吐反射の原因としては主に以下の3つの可能性があります。

  • 病気が原因のもの(胃腸の病気・脳の病気・生活習慣病)
  • 生活習慣由来のもの(食事・アルコール・喫煙・お薬)
  • ストレス・心因性のもの(歯医者が苦手・怖がり)

中でも歯科での嘔吐反射の多くは心因性のものが多いと言われます。食事は喉を通るのに小さな器具でも「オエーッ」となってしまうの心の問題が大きく影響しているのかもしれません。スター歯科では嘔吐反射の患者様差にも、なるべく寝かさない・痛みを少なくする・小さなことから出来たという成功体験を重ねることで、少しずつ治療出来るよう努めています。中には通常の治療が困難な方もおられますが、気にせずご来院下さい。全身麻酔(紹介)や静脈鎮静麻酔など、方法は必ず見つかるはずです。その方法を一緒に探すのも私たち歯医者の役目であると考えています。

歯科恐怖症・歯医者が怖い方の3ステップ

  • STEP1.まずはお話から。いきなり治療は始めません。どんなこと「音・臭い・人」が苦手なのか、どんな治療をするのかなどをしっかりお話します。
  • STEP2.検査。まずは悪いとこを調べます。歯医者の前で口を開けるという成功体験をすることで、次につなげていきます。
  • STEP3.出来るところから治療。表面麻酔や痛くない麻酔の打ちかたなど最大限配慮しますので、出来るところから治療していきましょう。

スター歯科には多くの歯科恐怖症の方がご来院されておられますが、多くの方が歯科恐怖症を克服し、治療を受けれるようになられています。安心してご相談下さい。



短期集中歯科治療(自由診療)

短期集中歯科治療

一般の治療では難しい方、忙しくて歯医者に多く通えない方には、静脈内鎮静法を利用した短期集中歯科治療をご提案することがあります。短期集中歯科治療は、痛みを伴う治療や大きな処置が必要な治療を1度にまとめて行うことで、全体的な治療期間や回数を大幅に減らすことが可能な治療法です。短期集中歯科治療は、以下のような方にお薦めの治療です。

  • ◎極度の歯科恐怖症・治療が苦手な方
  • ◎嘔吐反射の強い方
  • ◎忙しい方、治療回数や期間を短縮したい方

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、血管内に鎮静薬を注入することで、まるで眠っているかのような状態で治療を進める方法です。ある程度意識を残して治療を行うことも可能ですが、健忘効果の働きにより多くの方が治療の最中の記憶が残らない場合が多い麻酔です。痛みに関しては併用して局所麻酔を行いますので、痛みや意識・記憶、さらには時間的感覚もないままに治療を終わったと感じたりします。
静脈内鎮静に関しては、歯科麻酔が担当し、治療中の意識や体調の管理を行います。静脈内鎮静法は一部保険が適用される方法もありますが、期間を短縮し、再発リスクを出来る限り少なくする治療を行うためには指定外の薬剤・治療法を使用することが多いため、当院では自由診療を中心に行っています。

静脈内鎮静法の全身麻酔との違い

全身麻酔との違い

全身麻酔は完全に意識を失い、体も動かない状態で行う治療で、呼吸管理のため気管内にチューブを通す必要性があり、リスクも高い治療です。中には歯科でも日帰りで全身麻酔を使った治療を行うところもありますが、スター歯科では患者様の安全を考慮し治療が必要な方は、大学病院等の入院設備が整った病院へご紹介をしております。
一方の鎮静麻酔は、眠ったような状態にはなりますが、歯科医師の問いかけに応じることが出来るようコントロールすることが可能な麻酔です。全身麻酔に比べるとリスクも少ない治療と言えます。ただし、稀にですが静脈鎮静法を使っても治療が困難な方もおられますのでその場合は然るべき病院に紹介し、全身麻酔下での治療を受診していただきます。

静脈内鎮静法の特徴

  • ◎治療中の記憶が残らない場合が多いです。
  • ◎入院の必要がありません。
  • ◎眠っているかのような感覚で治療が可能です。
  • ◎治療中も自発呼吸・術者とのコミュニケーションが可能です。

静脈内鎮静法のリスク

  • ◎治療当日は乗り物の運転は控えて頂く必要があります。
  • ◎回復後も眠気が残る可能性があります。
  • ◎意識が完全になくなる訳ではないため、あまりに長時間の治療は困難です。
  • ◎中には治療中の記憶が残る方もおられます。
  • ◎静脈穿刺時に疼痛が伴います。

歯の治療をしたくても、怖さや時間の問題で思い切った治療が出来ない方、スター歯科のカウンセリングをご受診下さい。



歯並び矯正治療

歯並び矯正

スター歯科クリニックでは、患者様のとのカウンセリングの中で、必要であると考えた患者様に対しては「歯並び矯正治療」を含めた治療計画をご提案することがあります。
歯並び矯正というと「子供がするもの」「見た目を気にする人がするもの」と思われておられる方もいらっしゃいます。しかし、私たち歯科医師にとってみると「不正咬合を正す治療」とういのが正しい認識と言えます。もちろんその先に「見た目の美しさ」や「清潔さ」を伴うわけですが、そもそも私たちが「矯正が必要」と考え、お伝えする場合、「見た目の改善」よりむしろ、「咬み合わせの改善」を考えています。例えば歯を一本キレイに治療したとして、果たしてその歯はどうして悪くなってしまったのでしょうか。磨き残し?外部からの圧力によるもの?不注意?色んな想像はできますが、往々にして考えられっるのが「咬み合せの問題」です。

歯並び・咬み合わせが悪いと

歯並び矯正

  • 歯ブラシが届きにくく、磨き残しやすい所ができやすい
  • 食べ物が詰まりやすく、歯垢や歯石が着きやすい
  • 咬み合わせの力のバランスが崩れ、局所的に力が加わりやすい
  • 見た目が悪くコンプレックスになりやす

など、様々な弊害が考えられます。その他にも不正咬合によってアゴの骨が歪んでしまったり、咬合崩壊で何本もの歯を失う原因となったりすることもあります。歯並び矯正はそれらを防ぐ方法の一つです。歯並び矯正というと「何年も歯に金具を付けて過ごすのは嫌」という方も少なくありません。
しかし、その先の未来、その先何年健康な歯で美味しくものを食べれるかをお考え頂き、ご提案させて頂いた際にはご一緒に考えて頂ければと思います。歯並び矯正は、数年先のお口と身体の健康を守るためにも有用な治療です。

小児矯正とは

歯並び矯正

小児矯正とは、お子様の矯正で、歯が生えそろってから12歳ぐらいまでに行いⅠ期矯正と、10歳ぐらいから成人するまでに行うⅡ期矯正があります。中でもⅠ期矯正は骨格矯正と言って、歯科で外科を使わず骨格を治せる唯一の治療法です。主に拡大床というアゴの骨を広げる装置を使い、歯が並ぶスペースを作ってあげる治療です。Ⅰ期治療を行ったからといって必ずしも並びきるというわけではありませんが、それを行うことによってⅡ期矯正の際に歯を抜かずに治療できる確率は大幅に上がります。「それならやらなくてもいいのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、もし自分の子供が矯正が必要なようであれば、私はⅠ期矯正を必ず行います。

Ⅱ期矯正はワイヤーで歯をキレイに並べていく矯正です。Ⅰ期矯正で永久歯がキレイに生えるように誘導できていれば、不必要なこともあります。

成人矯正とは

歯並び矯正

いわゆる大人の矯正で、ブラケットやワイヤー・マウスピースなどの矯正力を使って歯を並べる方法です。歯を並べるスペースが無い場合は健康な歯を抜歯することもあります。主訴としては審美的な改善を目的とされる方が多くいらっしゃいますが、スター歯科クリニックでは咬み合わせ・不正咬合の改善を目的としてその副産物として審美性を追求しています。ですから無理やりな歯の並べ方や咬み合わせのバランスが取れないような治療は行いません。「咬み合わせもしっかり治して見た目もキレイ」にが当院の成人矯正のモットーです。



歯のホワイトニング

ホワイトニングについて

歯のホワイトニング

白い歯はその人の印象を良くします。清潔感や爽やかさを感じさせてくれて好印象にもつながります。しかし残念ながら人の歯は真っ白ではありません。殆どの人がやや黄ばんだ状態であると思います。それを白くするのがホワイトニングです。
ホワイトニングには2種類あり、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」があります。

各ホワイトニングの特徴
ホームホワイトニング 専用のマウスピース(ホワイトニングトレー)と薬液を使って歯を白くしていくホワイトニングです。自身で白さを調節できる反面、即効性にはオフィスホワイトニングに劣ります。
オフィスホワイトニング 歯科医院にて特殊な光を当てて歯を白くする方法です。即効性に優れている反面、長期的な効果にはホームホワイトニングには及びません。
パーフェクトホワイトニング オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをかけ合わせて行うことで早く白くし、自分の希望する白さを長期間保てるホワイトニングです。


短期集中歯科治療の費用

静脈内鎮静麻酔に必要な費用

種類 説明 料金
麻酔鎮静一式
麻酔鎮静一式
静脈内鎮静麻酔という麻酔の効果で痛みや恐怖をコントロールしながら治療を行います。静脈内鎮静麻酔には健忘効果があり、治療中の記憶が曖昧になるという特徴があるため、万が一治療中に痛みを感じることがあって(実際は浸潤麻酔と併用のため痛みはほとんどありません)も覚えていないため結果的に「痛くなかった」と感じることが多い治療です。費用は鎮静麻酔一式のみの費用となるので、その他治療費や補綴物の費用(自由診療)が必要です。 100,000円~200,000円+税


インプラントに必要な費用

種類 説明 費用
インプラント
インプラント
失った歯の代わりにチタン製の歯根に被せ物を被せることで見た目や機能を天然の歯に近づける欠損補綴です。費用には精密検査やCT、手術代・抜糸代・被せ物代・仮歯代・麻酔代が含まれます。 370,000円+税
ソケットリフト
ソケットリフト
歯の生えていた部分からシュナイダー膜という膜を押し上げ、骨を作っていく方法です。骨の移植と同時にインプラントを埋入することが可能です。 50,000円+税
サイナスリフト
サイナスリフト
歯が生えていた部分の横の歯ぐきから切開し、シュナイダー膜という膜と歯槽骨を剥がしてそこに骨を作っていく方法です。主に多数の歯を失った時に施術する方法です。 150,000円~200,000円+税
GBR
GBR
骨が痩せてインプラントを埋入するための充分な骨がない場合に、自家骨や骨補填材を膜で覆い、骨を作っていく方法です。 50,000円~100,000円+税


補綴物(詰め物・被せ物)の費用

インレー(詰め物)の費用

種類 説明 費用
ゴールドインレー
ゴールドインレー
金を使用した詰め物です。金は柔らかさと親和性を持った、素材的には詰め物に適した金属です。ただし目立つという弱点がありますので、見えにくい臼歯等への適応が薦められます。 40,000円+税+金相場加算
セラミックインレー
セラミックインレー
セラミックという陶器を使用した詰め物です。技工士の技術により天然の歯と同じような色味や質感を表現でき、歯石や汚れも付着しにくく、審美的で機能的な素材と言えます。 45,000円+税

クラウン(被せ物)の費用

種類 説明 費用
ゴールドクラウン
ゴールドクラウン
金を使用した被せ物です。金は柔らかさと親和性を持った、素材的には詰め物に適した金属です。ただし目立つという弱点がありますので、見えにくい臼歯等への適応が薦められます。 70,000円+税
メタルボンドクラウン
メタルボンドクラウン
内側が金属、見える外側にセラミックを使用する被せ物です。セラミックの審美性や清掃性と、金属の耐久性を併せ持った補綴です。但し透過性ではオールセラミックほどはありません。 100,000円+税
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン
セラミックという陶器を使用した被せ物です。技工士の技術により天然の歯と同じような色味や質感を表現でき、歯石や汚れも付着しにくく、審美的で機能的な素材と言えます。 130,000円~150,000円+税
フルマウス加算
フルマウス加算
全ての歯を全体的に良くするため、咬み合わせを考えた全体治療を計画立てて行う場合に加算される費用です。(咬み合わせ等の調整の難易度が高い場合等も含む) 治療費の10%〜20%

その他補綴に関する費用表

種類 説明 費用
ラミネートベニア
ラミネートベニア
歯の表面を薄く削り、付け爪のような審美的なセラミックの補綴で見た目に美しい歯を貼り付ける治療法です。 100,000円~130,000円+税
仮歯
仮歯
治療途中の歯を守ったり、一時的に審美性を回復させるための仮の歯です。 1歯2,000+税
プロビジョナル
プロビジョナル
最終の歯を入れる前に咬み合わせや色味を調整・確認するための精密仮歯です。審美的・機能的な歯を作るため重要な役割を担います。 1歯10,000+税
ファイバーコア
ファイバーコア
ガラス繊維で出来た強化樹脂の歯の土台です。透過性と弾力性があるため、セラミックのような透過性のある素材の治療の際にコアが透けない素材です。金属アレルギーの方にも有効です。 1歯15,000+税
ゴールドコア
ゴールドコア
金を使用したコアです。柔らかさと親和性を持った、アレルギーも少ないコアです。 1歯20,000+税


歯列矯正治療の費用

種類 説明 料金
診断料
診断料
各種レントゲン・CT・写真などの資料を元に矯正治療についての診査診断を行います。 30,000円+税
mtm
MTM
限られた症状に対する1本から数本の歯を動かす部分的な矯正。 100,000円~300,000円+税
ブラケット矯正
ブラケット矯正
ブラケットという装置にワイヤーを通して行う一般的な歯並び矯正です。 片顎300,000円+税
両顎600,000~700,000円+税
メタルブラケット
メタルブラケット
ブラケット部分が金属で出来た矯正です。費用を抑えたい方や見た目を気にしない方に選ばれます。 600,000円+税
クリアブラケット
クリアブラケット
ブラケット部分が透明な素材で出来た矯正です。遠目からはわかりにくくなり、現在最もポピュラーな装置です。 650,000円+税

デーモンシステム
特殊な形状で弱い力で歯を無理なく動かす特殊なブラケットを仕様する矯正装置です。/td>

700,000円+税
アイブレイス
アイブレイス
オーダーメイドのブラケットを歯の裏側に着ける見た目では気づかれにくい舌側矯正です。 (両顎)1,400,000 円+税
(コンビネーション)1,100,000 円+税
インビザライン
インビザライン
着脱可能なマウスピース型の矯正装置です。 (両顎)1,400,000 円+税
(コンビネーション)1,100,000 円+税
プチ矯正
プチ矯正
歯の一部分のみを動かす矯正です。咬み合わせに問題がない、動かすスペースがある、歯の移動量が少量などの条件があります。 応相談
難加算 診査・診断の上で難症例と判断された場合は加算があります。 100,000円~300,000円+税
挺出
挺出
矯正治療の作用を用いて歯の根を引っ張り出します。 50,000円+税
ムーシールド
ムーシールド
幼児期のお子様に対する反対咬合の早期治療です。 1装置80,000円+税
調整料
調整料
矯正装置装着後、月に1回程度装置を調整していきます。 3,000円~5,000円+税
咬合育形成
咬合育形成
お子様の矯正に用いる顎を広げる矯正装置です。顎が広がることで歯を並べるスペースを作ります。 400,000円~500,000円+税
ミニインプラント
矯正用ミニインプラント
小さなネジのようなものを歯肉に埋め込み、引っ掛かりを作ることで歯が動くスピードを早めます。
(床矯正あるいはムーシールド終了後に全体矯正をする場合は1装置分の費用は全体矯正の費用の一部とします)
20,000円+税
リテーナー
リテーナー
矯正装置を撤去した後、歯が後戻り品要用に抑える装置です。 片顎10,000円+税
MFT
MFT(筋機能療法)指導
お口の習癖・下癖を指導とトレーニングする方法です。歯並びが崩れる原因を改善します。 30分/3,000円+税



診療について

午前診療
月・火・木・金 9:30~13:30
水・土 9:30~13:00
午後診療
月・火・木・金 15:00~19:00
水・土 14:00~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


このページのトップへ