兵庫県神戸市垂水区の歯医者 スター歯科クリニックの無料メール相談
兵庫県神戸市垂水区の歯医者 スター歯科クリニックの簡単WEB予約
神戸市垂水区の歯医者【スター歯科クリニック】HOME  > 一般診療 > むし歯の治療
むし歯治療

むし歯の治療について

むし歯の治療で歯を削るとき

むし歯の治療で歯を削るとき

むし歯の治療は、初期であればフッ素塗布等で再石灰化を促したり、進行するまでは経過観察を行なうなど、削らない場合もあります。
しかし進行が進み始めると、出来る限り早くに削らなければ、むし歯はどんどん広範囲に拡がってしまいます。ですから「もう少し様子を見て」と自己判断でしばらく待っていると、どんどんむし歯は拡がってしまいます。
歯を削りたくないという方もたくさんおられますが、歯科医師が「削る」というときは、これ以上放置しておくとまずい状態ということです。


むし歯を大きく削るワケ

むし歯を大きく削るワケ

むし歯の治療の後、鏡を見てみたら「小さかった筈のむし歯のところに大きな削り跡が・・・」とショックを受ける方もおられます。確かにむし歯の大きさに比べて、大きく削ることがありますが、これには理由があります。
歯科医は、どちらかというと歯を削りたくはないというのが多くの意見であると思います。しかし、いざ削るときは、むし歯の取り残しと再発に注意をして治療を行います。
むし歯を取り残してしまえば、詰め物や被せ物をしても中でどんどんむし歯が拡がってしまいます。また、詰め物や被せ物が歯ときちんと削った歯に適合しなければ、隙間から新たに菌が入り込み、詰め物や被せ物の隙間や内側に新たなむし歯が出来てしまう原因となります。そのために切削し形を整える「形成」という手順を踏む必要があるのです。もちろん、形成を行う上でも「最小限の切削量」を目指しますが、おそらくむし歯を取り除くだけと思っておられる方にとっては、大きく見えてしまうかもしれません。


詰め物や被せ物の選び方

詰め物や被せ物の選び方

むし歯の治療の後には詰め物や被せ物をしなければいけません。小さいむし歯でも、削るだけで放置してしまうと、そこだけ歯質が薄くなっているので歯が弱くなったり、柔らかい象牙質のままであればむし歯に感染しやすい状態でもあります。そのため、詰め物や被せ物という補綴物を歯の代わりにセットするのですが、この補綴物には様々な種類があります。大切なのは、治療後のお口の状態をどうしたいかによってお選びいただくことです。例えば、むし歯のリスクに強いものであれば金やセラミック(自由診療)、むし歯や歯周病のリスクにも強くて見た目もキレイなものであればセラミック(自由診療)、とにかく金額を抑えたい場合は保険適用の銀歯(パラジウム)など、ご自身のご要望に応じてお選びいただくことが出来ます。
詳しくは、特徴やメリット・デメリット、あなたの希望にはどれがふさわしいかなどのご提案をする「補綴カウンセリング」を受けてお選び下さい。


むし歯がいっぱいでお悩みの方

むし歯がいっぱいでお悩みの方

スター歯科のメール相談では、むし歯がたくさんあるけど「歯医者が怖い」「見られるのが恥ずかしい」ので歯科に通えないというご相談をたくさん頂いております。「歯医者が怖い」「歯科恐怖症」の方のほとんどが過去の記憶やトラウマが原因となっていることが多いです。そのため「いったら必ず削られる」「痛い注射をされる」などと考えてしまい、治療できずにどんどん悪くなってしまうという悪循環を起こしています。また、「見られるのが恥ずかしい」と思う方も、そのせいでもっと見せにくい状態になってしまいこれも悪循環となってどんどんお口の状態が悪くなってしまいます。いずれも、まずは治療できるかどうか、見せることが出来るかどうか、試してみることが大切です。スター歯科ではいきなり歯を削ることはありませんし、場合によっては初日は相談だけということも可能です。また、どんな状態であろうと、それを見て「よし!なんとかしよう」と思うことはあっても、その状態を卑下したり笑ったりすることはありません。その状態から少しでも改善することが我々歯科医師の努めです。怖がる必要も恥ずかしがる必要もございません。まずは相談のつもりでお越しください。


保険と自由診療の違い

保険と自由診療の違い

むし歯治療でも歯周病治療、欠損治療でも保険診療と自由診療(自費治療ともいいます)というものがあります。歯医者では、共通語のように「保険」「自由診療」と言っていますが、患者様の中にはわからない方もおられると思います。簡単に言うと、世の中の全ての治療は全て自由診療で受けていただくことが出来ます。ですから保険診療と同じ内容を自由診療で行うことも可能です。(あくまで例えで保険が使えるのにわざわざ自由診療で受ける必要はありません。)つまり、世の中にあるたくさんの治療の中から、国で決められた

必要最低限の治療としてごく一部に保険が使用出来るということです。

多くの方が、治療には保険証を使うという認識かもしれません。もちろん、保険で充分な治療もありますが、「もっと良くなる方法がある」と知った方が自由診療でもっと良くなる方法選ばれます。治療には個人差があるので、人によって効果は違いますが、明らかに素材や特徴は異なるものがあるということは、結果ももちろん違うということです。もし、「当たり前」という観点で保険診療を選ばれているようでしたら、一度カウンセリングに耳を傾けてみて下さい。保険という選択肢もご用意しておりますので、ご自身で理解してあなたにとってベストな治療を、歯科医師のアドバイスの元お選び下さい。もちろんどんな治療を選ばれても私達はその治療に全力で当たります。



むし歯の進行と治療について

むし歯の進行

C1(初期虫歯)

C1

エナメル質という歯の一番表面の硬い組織が溶けはじめ、浅い穴が出来た状態です。自覚症状はほぼありませんので、定期検診やセルフチェックでしか見つけることができません。治療としては虫歯の部分を取り除いて、代りに樹脂や金属を詰めて治療をすることもあれば、削ることで悪化を招くようであれば経過を診ることもあります。治療回数はおおよそ1回で終わることが多いです。

C2

C2

むし歯がエナメル質の下の象牙質にまで達してしまった状態です。症状としては甘いものや冷たいものがしみたりし始めます。一般的に象牙質は痛みを感じると言われており、浸潤麻酔下で歯を削っていきます。むし歯部分の除去が終わった後は金属や白い(自由診療)陶器のような詰め物や被せ物で修復していきます。治療回数は2~3回で終わることが多いです。

C3

C3

むし歯が歯髄という歯の神経にまで達してしまった状態です。神経に達しているため痛みも強い場合が多いです。激しい痛みを通りすぎると一度痛みが消えることがありますが、これは歯髄が完全に死んでしまうためで治ったわけではありません。治療としては歯髄とむし歯を除去し、歯の根の治療を行った上で金属や白い(自由診療)陶器のよう被せ物で修復していきます。治療回数は1本あたり5~10回程度かかります。

C4

C4

むし歯が進み、歯のほとんどが無くなってしまった状態です。ほとんどとは、見えている部分のみではなく、歯の根もむし歯に侵されてしまった状態です。ここまでくると歯を残すことは不可能です。残念ながら抜歯となります。治療回数は抜歯ですので1回で済みますが、そのまま放置してしまうと、他の歯へも影響をおよぼす為、して欠損補綴(歯を失った後の治療)を考えなければなりません。治療回数は3〜10回程度かかります。



むし歯の原因

むし歯ができる4つの原因

1.細菌

細菌

むし歯は感染症です。細菌(特にミュータンス菌)による感染を起こす病気なのです。ミュータンス菌は両親や家族などから感染し、一度感染すると酸で歯を溶かしていき、そこからむし歯が始まるのです。


2.糖分

糖分

甘い物を食べるととむし歯になると言うように、甘い物によってミュータンス菌は作られます。甘いものはむし歯の菌にとっても美味しい餌です。また、乳酸菌飲料などにはラクトバチラス菌という身体に比較的良い菌が入っています。

しかしこの菌は身体には良くても歯には悪く、ミュータンス菌が溶かした歯をどんどんむし歯を進行させてしまいます。

3.歯の質や歯並び

歯の質や歯並び

歯には虫歯になりにくい歯、なりやすい歯があります。それは歯の硬さであったり密度、免疫の問題などがその原因です。こればかりは遺伝や環境によりますので何ともしがたいところはありますが、予防という観点で見れば他の3つの原因を予防するという点では同じになります。
しかし、歯並びは遺伝や生育環境によるものが多いものの、矯正という手段で回避することが出来ます。歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくく、歯垢の取り残しから虫歯になるリスクが通常よりも高くなってしまうのです。


4.時間

時間

一口に時間と言っても様々な時間があります。例えば食事をしてから歯を磨くまでの時間、歯垢ができてからむし歯菌が悪さをするまでの時間、歯垢が歯石になるまでの時間。
それら全ての時間がむし歯が出来る原因に密接して関係しており、むし歯になってから治療に至るまでの時間によってその程度は軽度から重度まで変化していきます。




スター歯科の診療について

午前診療
月・火・木・金 9:30~13:30
水・土 9:30~13:00
午後診療
月・火・木・金 15:00~19:00
水・土 14:00~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


このページのトップへ