image
imageimage
HOME  > 症例 > アマルガム(昔の銀歯)のダイレクトボンディングによるやり変え

アマルガム(昔の銀歯)のダイレクトボンディングによるやり変え

キャラクター
50代 男性
主訴(一番気になること)
歯に残っている黒いものを白いのに変えたい
治療内容
ダイレクトボンディングによる審美治療

昔から歯の溝に黒い治療跡があり、気になっておられたそうです。これまでかかられておられた歯科医に相談したところ、「そのままにしといたほうがいい」と言われたそうですが、ネットで調べ、アマルガムという体に良くない金属だという内容の趣旨が書いていたため、ご心配になられてご来院になられました。

初診の相談にて、全てをダイレクトボンディングという樹脂による治療でやり変える治療をご希望されました。

治療前

治療前

アマルガムとは過去に保険の治療などで使われていた金属で、成分としては水銀が含まれています。アマルガムについては賛否両論あり、身体に悪いという歯科医師もいれば問題ないという有識者もおられます。実際のところどうなのかはさておき、大切なことは金属が少しずつ溶け出すことにあります。もちろん溶け出した金属が身体に吸収され何らかの悪影響を及ぼすことも考えられますが、それ以前に治療後に蓋をした部分が溶け出すということは蓋の役割が薄れていくことは間違いありません。また、身体に悪いかもしれないと思いながら気にし続けるのであれば、取り替えてしまった方が精神衛生上良いのではないでかというのが当院の見解です。

治療後

治療後

一回の治療で、全てのアマルガムの除去とダイレクトボンディングによるやりかえが完了しました。

もちろん、今回のダイレクトボンディングも樹脂製ですから割れたり外れる可能性は否めません。それらを含めて治療した歯は経過を見てやり変える必要性があると思います。

補綴物(詰め物や被せ物)というのは恒久的な治療ではありません。一般的な耐用年数に違いはありますが、どんな補綴物でも使用環境や咬み合わせの状態や力によってやり変えが必要になることもあります。大切なのはその時期を間違えないことです。スター歯科では、お口の中の治療痕・補綴物が大丈夫なのか、定期的に歯科医にチェックしてもらうことをお薦めしています。

治療の内容 ダイレクトボンディング治療
期間・回数 3回(カウンセリング・検査含む)
費用 ダイレクトボンディング✕3歯 90,000円+税
リスク・副作用
  • ダイレクトボンディングは経年的に変色や劣化がみられることがあります。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image