image
image
HOME  > 症例 > 事故によって折れた前歯のインプラントと免荷期間中の矯正治療

事故によって折れた前歯のインプラントと免荷期間中の矯正治療

キャラクター
59歳 女性
主訴(一番気になること)
前歯が折れた
治療内容
上顎前歯部インプラント・下顎前歯部矯正・ノンメタル治療

不運にも運動中にボールが顔に当たって前歯の差し歯が折れたという患者様でした。レントゲンで見ると、残念なことに歯の根も完全に折れた状態で、抜歯を余儀なくされる状態でした。カウンセリングにて抜歯後の治療を相談した結果、長期にはなりますがインプラントによる治療を行うこととなり、その期間を利用し、歯並びも改善したいというご要望がでてきました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療後

インプラント治療には免荷期間という、骨とインプラントが接着するのを待つ期間があります。今回はその期間を利用し、下顎の部分矯正を行い、歯並びも整えていきました。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

最終的には銀歯や金属の不良補綴も全てセラミックでやり変えメタルフリーのキレイな補綴になりました。

治療前

治療後

治療前
治療後

歯を失ったことはお気の毒ですが、その悲しさを補うだけの治療が出来たことは幸いです。
今後はこの綺麗になった口腔内と新しいインプラントという歯を、メインテナンスを通じてお守りするお手伝いができればと思います

治療の内容 部分矯正治療およびインプラント治療およびセラミック治療
期間・回数 12ヶ月 20回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント✕2歯 740,000円+税
セラミッククラウン✕3歯 390,000円+税
部分矯正 450,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントおよびセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image