image
imageimage
HOME  > 症例 > 歯がボロボロになった方のフルマウス治療

歯がボロボロになった方のフルマウス治療

キャラクター
66歳 女性
主訴(一番気になること)
歯がボロボロなのでなんとかしたい
治療内容
インプラント治療・矯正治療・審美補綴

ご家族の介護が多忙で、なかなか自分の歯のケアをする時間がなく、気がつけば歯がボロボロになってしまった患者様です。介護が終わり、一段落したので今度は自分の歯をしっかり治療されたいとのご希望でした。

治療前

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

むし歯も進行が進み、欠損している歯も多く見られました。きちんと噛める歯を希望されておられましたので、インプラント治療による欠損補綴と、咬み合わせをしっかり整えるために矯正治療を行う計画を立てていきました。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

最終的にキレイな白い歯が入り、無事治療は完了しました。治療期間としては約2年ほどかかりましたが、治療終了時の「これからはいろんなことを前向きに頑張っていこうとおもいます」とのお言葉を聞き、治療出来てよかったと思います。

治療前

治療後

治療前
治療後

特に女性に関しては、出産や子育て、介護などのタイミングで、歯がボロボロになられる方は少なからずおられます。歯科医師としてはそんな中でも歯のケアだけは時間を見つけて行って欲しいとは思うものの、実際それを手助けできる手段もなければ方法もありません。私達に出来るのは、悪くなってしまった歯を出来る限り良い状態に持っていくことのみとなってしまいます。とはいえ、出産・子育て・介護と大変なタイミングではありますが、できれば3ヶ月に30分だけでも結構ですので歯科に通って頂ければ、少しでも多くの歯を守ることは出来るかと思います。お忙しい方もできるだけ待たずに終わるようにしますので、よろしければリフレッシュのつもりで歯医者にお越し頂ければと思います。

治療の内容 咬合崩壊を起こした歯列に対するインプラント治療を伴ったフルマウス治療
期間・回数 19ヶ月・30回(カウンセリング・検査含む)
費用 フルマウス治療 5,000,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image