image
image
HOME  > 症例 > 7歳から始めた小児の咬合育形成

7歳から始めた小児の咬合育形成

キャラクター
7歳 男性
主訴(一番気になること)
歯並びが悪いのが気になる
治療内容
小児矯正(顎咬合育形成)

私が診させていただいていた患者様のお子様が、歯並びが悪いと気にかけられて一緒に起こしになられました。埋伏(歯茎の中に埋まった状態)していたり歯列の内側から生えていたりと重度の叢生(ガタガタの歯並び)でしたが、目標を決めて治療を始めていくことになりました。

治療前

小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前

治療には拡大装置という、顎を広げる装置を使います。拡大装置はブラケットと違って取り外しが可能ですので、無理なく始めることができる反面、お子様本人と親御さんの協力が必要となります。

埋伏歯(埋まった歯)

スペースを広げて萌出

小児矯正 治療前
小児矯正 治療後
小児矯正 治療前
小児矯正 治療後

小児矯正は、咬合育形成と言い、顎を広げることにより歯を並べるスペースを作るという方法です。通常、成人矯正は顎の成長が止まってしまっているため、歯を並べるにはそのスペースを確保するため、抜歯をします。咬合育形成は歯を並べるスペースを広げることで確保するため、抜歯をせずに歯を並べることができます。永久歯は他の臓器と同じく、一度失ってしまえば戻ることはありません。たとえ歯を並べるためとはいえ、健康な歯を抜歯するのには歯科医師を含め抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

小児矯正は賛否両論で、行わないほうが良いという方もおられますが、あくまでも当院としては歯を抜く可能性が下がるのであれば、やっておくほうが良いと考えています。

小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後

期間はかかりましたが、歯並びが改善できて本人の満足度としても非常に高い治療結果が残せたと思います。

お子様の歯並びは遺伝や食生活、習癖(くせ)などによって不正になることがあります。歯並びが悪いとむし歯や歯周病にもなりやすいですし、しっかり噛めていなければお子様の成長や身体にも影響してきます。また、欧米諸国がそうであるように、キレイな歯列は自己管理の一部として捉えられることもあるかと思います。お子様の歯並びをキレイにしてあげたいとお考えなら、一度ご相談にお越しください。

治療の内容 小児矯正(子供の時期の歯並びの改善)
期間・回数 3年・40回(カウンセリング・検査含む)
費用 小児矯正 450,000+税
リスク・副作用
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image