image
image
HOME  > 症例 > 咬み合わせが原因でむし歯を繰り返した方の外科矯正とフルマウス補綴

咬み合わせが原因でむし歯を繰り返した方の外科矯正とフルマウス補綴

キャラクター
58歳 女性
主訴(一番気になること)
奥歯が痛い 銀歯を治したい
治療内容
外科矯正 フルマウス補綴治療

治療前

治療後

フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療後

昔から奥歯を治療しては悪くなりを繰り返しておられ、ご相談に来られました。患者様は重度の「開咬」という不正咬合で、そのために奥歯の不具合を繰り返されておられました。患者様自身そのことはご存じなかったようで、しっかり説明したところ、矯正治療を検討したいとのこでした。

治療前

フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前

開咬という不正咬合は、写真のように前歯で噛めない状態の咬み合わせのことで、残念ながら重度の場合は外科矯正という手術を伴う治療が必要でした。開咬の場合、前歯で噛めないため、そのストレスが全て奥歯にかかり、悪くなりやすい咬み合わせです。

また、ポカンと口を開けた状態のため口呼吸になりやすく、口呼吸を盛んにしてしまうと、口の中が乾燥し、菌が繁殖しやすくなります。そのため虫歯や歯周病にもなりやすく、また、口臭の原因となることあります。
更に、口の中からウイルスが入りやすくなり、風邪などの病気にかかるリスクが高くなります。

また、このように二次カリエス(むし歯の再発)を繰り返す方にとって銀歯は大敵となります。銀歯がお口に中にあると、ラクトバチルス菌というむし歯の進行菌が繁殖し、むし歯を育てていきます。また、金属と歯の接着面の相性もさほど良いものではないため隙間ができやすく、むし歯を繰り返す原因となってしまうのです。

フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後

矯正が終わり、すべての銀歯をセラミックに変えることも希望されました。これでむし歯の再発のリスクも更に低くなったと思います。

期間としては4年近くかかってしまいましたが、咬み合わせも歯の状態もとてもキレイで長持ちするものになりました。歯並び矯正や審美補綴(セラミック)は、咬み合わせやむし歯への耐性だけではなく、見た目的にも良い方向に影響を与えてくれることの多い治療です。最後には素敵な笑顔でお喜びいただけました。

治療の内容 矯正治療と矯正後のセラミック治療
期間・回数 4年・50回(カウンセリング・検査含む)
費用 矯正治療 外科矯正の為保険適応内
セラミック治療 9歯 1,170,000+税
リスク・副作用
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • >矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。

  • 診療について

    診療時間
    月・火・木・金 9:30~19:00
    水・土 9:30~17:00
    休診日
    日・祝
    所在地
    神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
    電話番号
    078-787-4182
    (悩みなしの良い歯に)

    診療カレンダー


    image