image
image
HOME  > 症例 > 1本のインプラントとフルマウス(全顎的)審美補綴

1本のインプラントとフルマウス(全顎的)審美補綴

キャラクター
65歳 女性
主訴(一番気になること)
前歯や奥歯の銀歯が気になる
治療内容
インプラント、審美治療

ご夫婦とも治療に来られた患者様です。最初にご主人が治療を受けられ、「あの先生は痛くない」と伝え聞き、奥様もご来院を決められたとのことでした。欠損歯(歯が抜けている状態)もあったため、インプラント治療を希望されましたので、インプラントの免荷期間(インプラントが骨と接着するのを待つ期間)に、他の歯も出来る限りキレイにしていくという計画を立て、治療していきました。

治療前

審美補綴治療前
審美補綴治療前
審美補綴治療前
審美補綴治療前
審美補綴治療前
審美補綴治療前

スター歯科では歯一本を診るのではなく、お口全体の健康状態を診させて頂いています。ですから欠損1本の治療ではなく、なぜその歯がなくなり、どうすれば他の歯がなくならないようになるのかを考えて治療計画をお出ししています。

こちらの患者様の場合、銀歯多くむし歯になりやすいタイプの方であったと思います。更に銀歯はむし歯を進行させる菌が繁殖しやすいとされており、削っては銀歯のすき間がむし歯になりを繰り返し、どんどん自分の歯が削られていき、最終的に抜歯に至ったものだと思われます。その場合、例えインプラントで1本の歯を治療しても、次から次へと抜歯が重なり、最終的にはほとんどの歯を失ってしまうというような状態になりかねません。1本治して次の歯が悪くなるのを待つのでは、歯医者がむし歯を作っているようなものです。その治療をするしないは患者様の意思によりますが、少なくともその治療計画もお出しするのが私たちの努めであると考えています。

治療後

審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後
審美補綴治療後

インプラント治療を含めて、約1年間で治療を終えました。虫歯になりやすい方の補綴(詰め物や被せ物)は、セラミックや金が向いているとされています。セラミックは歯垢が取れやすく、清掃性が高いため二次カリエスになる可能性を抑え、更に金は親和性が高く適度な硬さと粘りを持っているため、咬合力が強い奥歯などに向いています。それらの素材を使うことで、以前に比べ二次カリエスのリスクが低く、患者様自身にもご満足頂ける治療が出来ました。

治療前

治療後

フルマウス補綴治療後
フルマウス補綴治療後

セラミックや金の補綴は自由診療のため、費用は決して安いものではありません。ですからスター歯科では患者様の要望に応じ、保険で出来る範囲の治療のみや、気になるところや見た目にわかりやすい部分、むし歯になりやすい歯のみを自由診療にというような複数の治療計画をお出しすることを心がけています。

お口の中に金属の治療痕が多い方、気になられたら一度ご相談にお越し下さい。スター歯科では一人ひとりに応じた治療計画をお作りしています。

治療の内容 インプラント治療およびセラミック治療
期間・回数 12ヶ月 20回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント✕2歯 740,000円+税
セラミッククラウン✕8歯 1,040,000円+税
合計1,780,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントおよびセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image