image
image
HOME  > 症例 > むし歯により抜歯になった1本の歯のインプラント治療と審美補綴

むし歯により抜歯になった1本の歯のインプラント治療と審美補綴

キャラクター
50代 女性
主訴(一番気になること)
右下1本、歯がなくなったのを治したい
治療内容
インプラント セラミック治療

右下の奥歯がむし歯になり、前医で抜歯となりました。前医では抜歯後の治療に義歯かブリッジしか出来ないということで、インプラント治療のご相談に来られました。ブリッジや入れ歯は周りの歯を削る必要があるため、治療に難色を示す人は少なくありません。

治療前

治療後

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後

歯がなくなった手前と奥の歯の詰め物も外れていたので、インプラントと同時にセラミックの詰め物の治療も行いました。見えないからと言って奥歯の治療を安易に考えてしまう方もおられますが、実は臼歯は特に咬み合わせにおいて重要で、しっかり治療することが大切です。また、今回の抜歯の原因となった理由がむし歯ということでしたが、銀歯は特にラクトバチルス菌(むし歯を進行させる菌)が繁殖しやすく、二次むし歯になりやすいとされています。ですからセラミックや金の歯を入れることで、歯の清掃性が高まり、二次カリエスのリスクを抑えることが出来ます。

治療が終わりましたが、他にも銀歯は残っていますので、メインテナンスでそれが悪くなっていないかを含めて、歯に不安のない生活のサポートをさせて頂ければと思います。

インプラント治療は、CTなどの診断装置を備え、ドクターがしっかりとした技術の修得・研鑽をしていなければ危険な治療です。ですから出来ないから悪い訳ではなく、出来ないのにやろうとする方が問題になります。インプラントを学ぶためにはセミナーや学会に参加する多くの時間が必要です。そのため、一人でやっておられる歯科医院やたくさんの患者様を診ておられるドクターではなかなかその時間を確保をするのは難しいかもしれません。私はたまたま勤務医時代にその環境があったためにしっかり学び、経験を重ねることができましたが、全ての歯科医師がそのような環境であるとは限りません。ですから「インプラントが出来ない」=悪い医院ではありません。もし、運悪く抜歯を免れない状態になった場合、インプラント治療だけ当院でというご希望でも結構です。お気軽にご相談下さい

治療の内容 インプラント治療およびセラミック治療
期間・回数 12ヶ月 20回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント✕1歯 370,000円+税

セラミックインレー✕1歯 45,000円+税

リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントおよびセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image