image
image
HOME  > 症例 > 治療費にも考慮した補綴による全顎的な咬み合わせ治療

治療費にも考慮した補綴による全顎的な咬み合わせ治療

キャラクター
30代 女性
主訴(一番気になること)
噛むところがない
治療内容
フルマウス治療(補綴による咬み合わせ治療)

他院で被せ物の治療を続けておられた患者様です。治療を進めるごとにどんどん噛みにくくなり、心配になられてご相談に来られました。診断の結果、咬み合わせの状態が非常に不安定で、初診時の段階では奥歯でしか噛めていない状態でした。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

まず、本来噛み合うべき正しい位置を模索した上で、原因となる不良補綴を仮歯に置き換え、じっくりと正しい位置を見定めていきました。仮歯の状態でしっかりと噛める位置と歯の形を決めてから最終の歯を作っていきました。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

なるべく費用も抑えたいという要望もありましたので、比較的見えやすい部位をセラミックによる修復を行い、奥歯は保険適応内の材料を用いて修復を行いました。

歯は親知らずを除き、隣り合い、噛み合う28本で咬み合うことで一つの臓器として機能しています。咬み合わせが一つ狂うと、他の歯も徐々に崩れてきて、日常的な違和感のみならず、肩こりや頭痛、目眩など身体的な影響を及ぼす原因にもなりかねます。

スター歯科が歯の治療をする際に、たくさんの資料を採るのは、その咬み合わせを考えた治療を行うためです。たとえ歯1本の治療で、いただく費用は1本分でも、全体的な咬み合わせを考えた治療をする。1本ではなくお口という一つの臓器としての治療をすることが大切であると考えています。今後も、将来的にやりかえが必要な可能性の高い奥歯のチェックをしながら、28本すべての咬み合わせを保つためにも検診にて診させていただきたいと思います。

治療の内容 欠損部位に対して、インプラント治療
咬合治療 被せ物による噛み合わせの改善
期間・回数 12ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント×2歯 740,000円+税 咬合治療200,000円+税
リスク・副作用
  • ・インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • ・処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • ・インプラントや被せ物の耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

診療について

診療時間
月・火・木・金 9:30~19:00
水・土 9:30~17:00
休診日
日・祝
所在地
神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
電話番号
078-787-4182
(悩みなしの良い歯に)

診療カレンダー


image