image
imageimage
HOME  > 症例

セラミックブリッジによる前歯の審美回復

キャラクター
20代 男性
主訴(一番気になること)
前歯が膿んでいる
治療内容
前歯部のセラミックブリッジによる審美回復

過去にぶつけた歯が膿んできたということでご相談に来られた患者様です。膿んだ歯は動揺しており、患者様自身もかなり気にされいてるご様子でした。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

精密な検査を行いましたが、揺れている歯は骨と全く結合しておらず、抜歯を免れることは出来ませんでした。後日カウンセリングにて抜歯後の治療の相談を行っていきました。抜歯後の治療としては、通常インプラントが最も自身の歯に近い治療としてご提案することが多いのですが、こちらの患者様は全身状態(服用している薬)の問題によりインプラント治療が出来ませんでした。お話の結果、セラミックブリッジを用いて審美的な修復を行うことになりました。

治療後

治療後
治療後
治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

抜歯後、骨の吸収が進んでいましたので、骨と歯肉の移植を行い、歯ぐきも自然な形に整いました。

治療前

抜歯後

治療前
抜歯後

形成後

治療後

治療前
抜歯後

患者様にとって、最良の治療はその患者様ごとに異なってきます。それは身体的な状態や治療の目的、予算も含めてどんな治療をしていきたいのかによっても変わってくると思います。

それらを考慮した上で治療計画を立て、患者様にとって一番良い方法を探すことが、我々歯科医師の努めではないかと考えています。

歯が抜けた悲しさや、歯を抜かなければならない不安はよくわかります。ただ、大切なのはその後どのような治療を行うかです。スター歯科では患者様にあらゆる治療法の情報をご提供し、その患者様にとって一番の治療を探し、ご提案します。

治療の内容 外傷にて内部吸収し抜歯が必要な歯に対して、抜歯したのちに歯周外科(歯肉の形を改善する治療)を行い、ブリッジによる治療を行った
期間・回数 10ヶ月・10回(カウンセリング・検査含む)
費用 セラミッククラウン(130,000円)✕3+歯周外科(50,000円) 合計440,000円+税
リスク・副作用
  • 歯周外科後に近接歯牙および周囲組織の炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。


矯正による咬み合わせの改善と補綴による審美修復

キャラクター
40代 男性
主訴(一番気になること)
歯並びが悪くて噛みにくい、見た目が気に入っていない
治療内容
ブラケット矯正と審美補綴(被せ物のやり変え)

前医で前歯をセラミックの被せ物による治療を行ったが見た目に不満があるということでご相談に来られました。これは被せたセラミックの歯に問題があるのではなく、ガムライン(歯肉が歯と接触している部分を結んだ線)が整っていないためです。カウンセリングではその旨を説明し、これを整えるためには歯並び矯正が必要であることをお伝えしたところ、矯正治療を希選択望されました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

矯正はブラケットという一般的な矯正装置を使ったものになります。ブラケットに通したワイヤーで歯を少しずつ引っ張ることで歯を動かしていきます。歯が並んだところで被せ物のやりかえを行うのですが、最終の被せ物を入れる前に「プロビジョナル」という精密な仮歯を入れることで形状や咬み合わせを確認し、調整していきます。

矯正スタート

矯正終了

プロビジョナル

治療前
治療後
治療後

歯並び矯正は治療期間に通常2〜3年程度要しますが、こちらの患者様の場合は叢生の状態がそこまで悪くなかったため、ちょうど1年でキレイに並びました。

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

決して前医の治療が悪かったとは思いません。咬み合わせや見た目に違和感がでてきたのも、歯を入れてみて初めて患者様が気づくことも多々あります。

歯科医院での多くの不満は、治療後に起こることが多いと思います。だからこそスター歯科ではあらゆる治療法を説明して、患者様にお選びいただくようにしています。とはいえ、患者様にとっても今回のように治療してみなければわからないことも多々あります。

スター歯科では患者様の要望や希望をしっかり聞き出し、患者様とのコミュニケーションを密に採ることで将来的に考えられる不安も考慮していきます。

患者様にとって「これで良くなるかな?」というお考えは、時に誤っていることもあります。しかしそれを鵜呑みにしてそのまま治療を行ってしまうと、治療が終わってから満足出来る結果を得られないことも少なくありません。治療に関しては我々歯科医師はプロです。「この治療をして欲しい」とお伝えいただくと同時に、「こうなりたい」という治療後の理想の姿も教えて下さい。しっかりお話をした上で、同じゴールに向かってあらゆる方法を一緒に検討していければと思います。

治療の内容 歯の位置異常および不適合補綴物に対して、部分矯正およびセラミッククラウン(被せ物)による治療を行なった
期間・回数 1年3ヶ月・20回(カウンセリング・検査含む)
費用 部分矯正45万+セラミッククラウン13万×3歯  840,000円+税
リスク・副作用

矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。

矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。

上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。



詰め物・被せ物による審美回復と咬み合わせの改善

キャラクター
50代 女性
主訴(一番気になること)
前歯の見た目が気になる
治療内容
補綴(詰め物・被せ物)による審美回復

歯の破折(いわゆる歯の骨折)のため、ご来院された患者様です。破折のそもそもの原因は歯並びにありました。本来ならば歯列矯正が必要な咬み合わせですが、患者様は矯正治療を希望されておらず、その他の方法での治療をカウンセリングで相談していきました。

治療前

治療後

カウンセリングの結果、患者様のご要望を受け補綴による治療計画を立てていきました。歯科医師にとってベストであると考えた治療を押し付けることが患者様にとってはベストな選択とは言えません。スター歯科では患者様のご要望を受け、歯科医師と相談しながら治療の方法を決めていきます。もちろんどの治療においてもメリット・デメリットともご説明させていただき、インフォームド・コンセントをしっかり行ってから治療にあたります。

治療後

治療後

今回の治療のポイントは前歯の色と質感を良い状態に仕上げることです。歯科技工士ともしっかり連携をとりながら、自然な美しい見た目と出来る限り正しい咬み合わせを考えていきました。

治療前

治療後

治療前
治療後

補綴治療で可能な成果は得られたかと思います。咬み合わせも以前に比べるとかなり機能的になったかと思います。スター歯科では患者様の治療方法に関して、3通り以上の治療計画を検討し、その中で患者様の条件に応じた治療をカウンセリングを通して決定していきます。どの計画をお選びになっても、与えられた条件の中で最善を尽くしますので、最善の治療でなければならいということはありません。しっかりご説明しますので、じっくり検討された上でご自身で治療方法をご検討頂ければと思います。

治療の内容 歯牙破折(歯の根が折れている状態)した歯に対して、セラミックブリッジによる治療を行なった
期間・回数 8ヶ月・10回(カウンセリング・検査含む)
費用 セラミッククラウン130,000円×7歯 合計910,000円+税
リスク・副作用
  • 抜歯後には近接歯牙、顎、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。
  • 術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


インプラント治療とノンメタル治療

キャラクター
20代 女性
主訴(一番気になること)
右下の奥歯が痛む
治療内容
インプラント治療 ノンメタル治療(補綴による審美治療)

右下の奥歯が痛むということで治療のご相談に来られました。痛みの原因は破折という、歯の根が折れている(ヒビ)ことが原因でした。破折は一見してはわからず、レントゲンやCTにて確認します。破折の原因は、歯の根の治療や咬み合わせ、外傷などが一般的です。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

主訴は右下奥歯の治療でしたが、これを機に残りの虫歯や見た目も改善したいとのことで全体的な治療を行うことになりました。カウンセリングを重ね、どのように治療を行うのか綿密な治療計画を立てていきました。

銀歯の見た目や清掃性などのデメリットを考慮し、金属を使わないセラミックによるノンメタル治療を行うことになりました。

歯の治療に使う金属は金や保険治療などで使う金銀パラジウム合金などがあります。しかし金属は溶け出すという特性や、パラジウムに至っては二次カリエスのリスクも考えられるため、歯に質感が近く清掃性が高いセラミックによる治療は、今後のお口の健康にとっても効果的な材料であると言えます。ノンメタル治療は決して金属アレルギーの患者様のみに有効な治療ではありません。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

約10ヶ月で全ての歯の治療が終了しました。本来、全体的に治療を行う場合、もう少し期間を要します。しかし、あらかじめ最初の治療計画をしっかり立てることが出来たため、この程度の期間で終わらせることが出来ました。

スター歯科では全体の治療を行う際、治療をスタートする前にカウンセリングにて「治療の期間」「費用」「方法」を明確にした上で治療方針を決めてまいりますので、わからないことがあればいつでもご相談ください。

治療の内容 歯根破折歯の抜歯およびインプラント治療
金属の詰め物の下にある虫歯を全て除去した上で、セラミックを用いたノンメタル治療
期間・回数 10ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント×1歯 370,000円+税 セラミックインレー×10歯 合計450,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


定年後を健康で豊かに過ごすための全顎的な治療

キャラクター
60代 女性
主訴(一番気になること)
むし歯がたくさんある
治療内容
インプラント治療 フルマウス治療(補綴によるむし歯治療)

お仕事が忙しかったため、歯が痛くなっても痛いときだけ歯科に通い、痛みが治まればまた行かなくなるというサイクルを繰り返しておられたそうです。定年が見えてきて、定年後の生活を考え、良い状態で老後を迎えたいということで、全体的な治療を希望されてご来院されました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

大小合わせてむし歯もたくさんあり、歯周病も進行していたために歯も全体的に長くなり、歯根が露出し始めています。こういった状態の場合、まずはお口の中をキレイにして、菌の数をコントロールしてから治療に入らなければ、治療中に感染したり状態が悪くなることも考えられます。数回に分けてのクリーニング・SRP(歯ぐきに埋まっている部分の歯石取り)を行いながら、カウンセリングをして治療計画を立てていきました。

治療後

治療後
治療後
治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

約1年で全ての歯の治療が予定通り終了し、治療終了時に祝福のお花をお渡しできて担当医としても嬉しい限りです。

我々歯科医師も、忙しさにかまけて自身の歯の検診を忘れてしまうこともあります。しかし、忙しい中、どうしようもない痛みがでてしまったり、長期の治療が必要になってくると、何度も歯科に通わなければならなくなり、余計に時間を無駄にしてしまうことにもつながります。

そうならないためには、やはり年に3〜4回程度、定期的に1回30分の検診に通うことで、逆に時間の節約にもなるのではないでしょうか。

今回、全ての歯をキレイにしたことによって、今後悪くなりにくい状態にまで回復できたかと思います。定年後の生活を健康で豊かに過ごしていただくためにも、検診で末永く診させて頂ければと思います。

治療の内容 歯根破折した歯に対して、インプラント治療
古い金属の被せ物を全て外してセラミックに置き換えるノンメタル治療
期間・回数 12ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント×2歯 740,000円+税
セラミッククラウン×15 1,950,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントおよびセラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


治療費にも考慮した補綴による全顎的な咬み合わせ治療

キャラクター
30代 女性
主訴(一番気になること)
噛むところがない
治療内容
フルマウス治療(補綴による咬み合わせ治療)

他院で被せ物の治療を続けておられた患者様です。治療を進めるごとにどんどん噛みにくくなり、心配になられてご相談に来られました。診断の結果、咬み合わせの状態が非常に不安定で、初診時の段階では奥歯でしか噛めていない状態でした。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

まず、本来噛み合うべき正しい位置を模索した上で、原因となる不良補綴を仮歯に置き換え、じっくりと正しい位置を見定めていきました。仮歯の状態でしっかりと噛める位置と歯の形を決めてから最終の歯を作っていきました。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

なるべく費用も抑えたいという要望もありましたので、比較的見えやすい部位をセラミックによる修復を行い、奥歯は保険適応内の材料を用いて修復を行いました。

歯は親知らずを除き、隣り合い、噛み合う28本で咬み合うことで一つの臓器として機能しています。咬み合わせが一つ狂うと、他の歯も徐々に崩れてきて、日常的な違和感のみならず、肩こりや頭痛、目眩など身体的な影響を及ぼす原因にもなりかねます。

スター歯科が歯の治療をする際に、たくさんの資料を採るのは、その咬み合わせを考えた治療を行うためです。たとえ歯1本の治療で、いただく費用は1本分でも、全体的な咬み合わせを考えた治療をする。1本ではなくお口という一つの臓器としての治療をすることが大切であると考えています。今後も、将来的にやりかえが必要な可能性の高い奥歯のチェックをしながら、28本すべての咬み合わせを保つためにも検診にて診させていただきたいと思います。

治療の内容 欠損部位に対して、インプラント治療
咬合治療 被せ物による噛み合わせの改善
期間・回数 12ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント×2歯 740,000円+税 咬合治療200,000円+税
リスク・副作用
  • ・インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • ・処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • ・インプラントや被せ物の耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


全体的に歯を失われた方のAll-on-4インプラントによる治療

キャラクター
60代 女性
主訴(一番気になること)
噛むところがない
治療内容
全顎インプラント All-on-4

若い頃から入れ歯でずっと噛みにくかったが、少しずつ歯が減っていき、ついには噛むところがなくなったため、上下とも総入れ歯と言われ、他の解決策を探して相談に来られた患者様です。インプラントも検討されておられましたが、インプラント治療をされたお知り合いの方から「痛かった」という噂を聞き、不安を感じておられました。カウンセリングの中で、いつかはしっかり噛めるように治療したいという思いが不安を乗り越え、インプラントによる全顎的な治療を決断されました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

ほぼすべての歯が脱落し、長期間の義歯生活から顎の骨もかなりなくなってきています。この場合、インプラントを使ったAll-on-4という治療が有効で、片顎4本(上顎は6本)のインプラントですべての歯を支えるという方法です。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

通常、インプラントによるフルマウス(全顎的な)治療であれば、1歯に対して1本のインプラントを埋入していくと、費用も期間もかなり負担の大きなものとなってしいます。All-on-4であれば手術は1回、全部含めても数回の治療で終わるため、患者様にとって負担の少ない治療となります。

上の写真のようにアングルワイダーという口を開く機械を使えば状態では、歯茎の部分が気になるかもしれませんが、日常の生活ではほとんど目立ちません。入れ歯と違い固定されていますので、お口の中でモゴモゴと動いたり、極端に発音に影響が出ることもほとんどありません。

治療前

治療後

治療前
治療後

All-on-4は1歯に対して1本のインプラントに比べれば、機能的・使用感は劣るかもしれませんが、入れ歯に比べれば安定して使用でき、見た目や日々のメインテナンスにおいても利点の多い治療です。

お口の健康は身体の健康の入り口とも言われています。しっかり噛めなくなり咀嚼能力が低下すれば、内蔵が弱ってきたり脳の働きに影響が出ることもわかってきています。「噛めなくなった」というお悩みは、単に毎日の生活が不便になるだけではなく、自身の健康を脅かすことにもなりかねません。失った歯のことでお悩みなら、まずは歯科医に相談して頂ければと思います。

治療の内容 歯根破折した歯に対して、抜歯即時埋入術によるインプラント治療を行った
期間・回数 10ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む)
費用 オールオン4×2(上下) 5000000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


抜髄が原因で黒ずんだ歯の削らない審美回復

キャラクター
30代 女性
主訴(一番気になること)
前歯の変色が気になる
治療内容
インターナルブリーチによる審美回復

むし歯の治療のため前歯の神経を抜いた後、徐々に歯が黒っぽく変色し始めたということでご来院いただきました。最初はさほど気にされておられなかったそうですが、どんどん黒ずんでくるのを見かねて相談に来られました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

歯の神経を抜くと変色するのは、歯髄という神経と一緒に細い血管も取り去ってしまうためです。歯髄が正常な歯は、この血管に血が巡っているため、象牙質のコラーゲンをコントロールしています。しかし、むし歯や怪我などで神経を取ってしまうと、血液が通わなくなるため、コラーゲンが劣化して変色していきます。このような場合、通常のホワイトニングでは歯を白くすることはできませんが、インターナルブリーチという特殊なホワイトニング剤を使うことで、黒ずんだ歯を白くする治療を行います。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

インターナルブリーチは歯の内側から白くするホワイトニング剤で、主に神経を失った歯に使用する薬剤です。数回の治療で、白くてキレイな歯になりました。

治療前

治療後

治療前
治療後

患者様は、歯を削らなくてすんだことをとても喜ばれておられました。歯の神経を失うことはたいへんなショックであると思います。しかもそれが前歯で、どんどん変色してしまう様を見ていると、歯も削らなくてはならないのではと、さぞかし不安になられたかと思います。ご要望にお答えすることが出来、こちらとしても安堵しています。

歯科医師の多くは、歯を削るという毎日の中でも、無駄に削りたくないという思いを持って治療に取り組んでいます。歯を削らずに治療する方法があれば、メリットやデメリットを含めて必ずご提案します。歯の治療のお悩みは、まずは相談にお越し下さい。

 

治療の内容 外傷により失活した歯(神経が死んで色が悪くなった歯)に対して、インターナルブリーチ(歯の内部のホワイトニング)を行なった
期間・回数 2ヶ月・5回(カウンセリング・検査含む)
費用 インターナルブリーチ×1歯 40,000円+税
リスク・副作用
  • ホワイトニングをしても白さは永久的に持続するものではありません。生活習慣や歯の質で個人差がありますが、時間とともに色素の再付着などによる後戻りは起こりますので、メンテナンス及び定期的なクリーニングをお勧め致しております。
  • 使用直後にしみることがあります。痛みが強いようなら使用を中止してください。


治療期間に限りのある前歯部審美症例

キャラクター
17歳 男性
主訴(一番気になること)
前歯を綺麗にしたい
治療内容
虫歯治療 前歯審美治療

大学への推薦入学が決まり、昔にケガしてぶつけて変色してしまった歯を大学入学までに綺麗に治したいという患者様です。17歳という多感時期ですので、歯の色や形も気になる年頃だと思います。もちろん未成年の場合は保護者同伴でのカウンセリングにてお話をさせていただきます。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

歯並びを考えると、理想的には矯正治療が必要でしたが、大学入学までという期間の縛りがありましたので、補綴治療による審美回復となりました。
限られた期間や条件の中でもプランA・B・Cと、患者様に選択肢を提案し、決めていただくことを心がけてカウンセリングに望んでいます。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

期限内にキレイな歯が入りました。最終的には患者様自身も天然歯特別がつかないほど精密な歯が入りました。大学に入っても、お近くの歯科にてメインテナンスを続け、キレイで健康的な咬み合わせを保って頂ければと思います。

治療前

治療後

治療前
治療後

本来なら治療法としては矯正を行った上での補綴治療だと思います。しかし、誰しも治療には条件や希望がありますので、一方的にこちらの提案を押し付けることはありません。もちろん、患者様のことを考えて矯正をした方が良い場合は一つの案としてご提案することもありますが、決めるのは患者様御本人です。

スター歯科クリニックは、患者様が選ばれた治療に全力をつくすだけです。

カウンセリングでは皆様のご希望や条件を遠慮せずお伝え下さい。その条件の中で私達が出来る治療を考え、話し合いの上で治療方法を決めていければと思います。

未成年者の自由診療及びカウンセリングには、保護者の方の同伴が必要となります。お忙しいとは思いますが、大切なお子様の歯と健康、将来にも関わるお話ですので、ご一緒に考えて頂けますようお願い致します。

治療の内容 失活歯(歯の神経が死んで色が変色した歯)の形態と色調の改善のためのセラミック治療
期間・回数 3ヶ月・6回(カウンセリング・検査含む)
費用 セラミッククラウン×1歯 130,000円+税
リスク・副作用
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • 治療中の仮歯は脱離する可能性があります。取れた場合は速やかにご連絡ください。


50代で始めた歯並び矯正

キャラクター
50代 女性
主訴(一番気になること)
歯並び治したい
治療内容
ブラケット矯正

歯並び相談に来られた患者様です。矯正治療には昔から興味があったそうなのですが、ご友人の方から「とても痛い」という評判を聞いたことがあり、なかなか踏み出せなかったとのことでした。しかし、やはりいつかは治したいという思いが捨てきれず、まずは相談ということでお越しになられました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

咬み合わせとしては2級2類という上アゴの前歯が後退した状態で、且つ叢生という歯が凸凹に並んだ状態で、ブラケット矯正によって治療しました。
矯正治療は全く痛くないといえば嘘になりますが、耐えられないという人はほとんどいません。痛いのは最初の装置を着けたときやワイヤーを変えた直後の数日です。痛みには個人差があり、全く痛くないという人も中にはおられます。

ワイヤーを変えるたびに痛みを感じる人でも、1週間もすれば慣れることが多いです。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後
治療後

約3年ほどかかりましたがキレイに並びました。

治療前

治療後

治療前
治療後

矯正治療をされた方の多くは昔から矯正を考えつつも一歩を踏み出せず、「もっと早くに治療していればよかった」と最後におっしゃられる方が多いです。本当にその通りで、若ければ若いほど歯は動きやすく、治療後の正しい咬み合わせで過ごす日々が長くなります。もちろん、歳をとってからの矯正も歯を健康に長く保つためには大切ですが、矯正治療が気になるようであればまずは歯科にご相談下さい。歯科には矯正治療を受けたスタッフもおりますので、治療を受けた人の生の声も聞くことが出来ます。矯正をするかどうかは、一度相談してからでも決められます。お気軽にお越し下さい。

治療の内容 ワイヤーとブラケットを用いた歯並びの改善(矯正治療)
期間・回数 3年40回(カウンセリング・検査含む)
費用 矯正治療 750000円+税
リスク・副作用
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。


気になる銀歯を予算を抑えてやり変えたノンメタル治療

キャラクター
29歳 男性
主訴(一番気になること)
銀歯をなくしたい
治療内容
ノンメタル治療・審美補綴・ホワイトニング

銀歯が昔から気になっておられたそうで、白い歯に変えたいというご要望でご来院された患者様です。しかし、まだまだ若い患者様で、費用にも制限がありましたので、予算等相談しながら治療計画を立てていきました。

治療前

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

大きな詰め物や被せ物は、セラミックにより白いものにやり変えていき、小さな詰め物はCR(コンポジットレジン)という樹脂による治療によって銀歯をやり変えました。CR(コンポジットレジン)はプラスチックのような樹脂ですので、割れる危険性や外れる可能性があること、着色しやすいというデメリットもご理解頂いた上で、処置しています。これにより、極力費用を抑えてセラミック治療を完了することができました。(咬合力・食いしばりの強い方には施術できないことがあります)

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療後

最後はご自身の歯の色も気にされておられたため、ホワイトニングもされて、見た目の印象がガラリと変わりました。

治療前

治療後

治療前
治療後

セラミックの治療は見た目が改善することよりも虫歯が再発しにくいことが特徴です。一生涯の中で極力再治療の必要ない口腔内環境を目指すのが歯科医師としての責務だと考えています。今後は白くて健康的なこの状態を長く保てるよう、またセラミックを含めてリスクがやや高い樹脂によってやり変えたところが悪くならないよう、定期的に診させていただくことで見守らせて頂ければと思います。ノンメタル治療はアレルギー体質の方ではなくても心身に良い治療であると思います。ご希望の方はお気軽にスター歯科にご相談頂ければと思います。

治療の内容 パーフォレーション(歯の根に穴が開く症状)した歯に対して、抜歯即時埋入術によるインプラント治療を行った
期間・回数 10ヶ月・7回(カウンセリング・検査含む)
費用 プレミアムインプラント×1歯 450,000円+税
リスク・副作用
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • 治療中に仮の歯が脱離した場合は速やかにご連絡ください。


歯がボロボロになった方のフルマウス治療

キャラクター
66歳 女性
主訴(一番気になること)
歯がボロボロなのでなんとかしたい
治療内容
インプラント治療・矯正治療・審美補綴

ご家族の介護が多忙で、なかなか自分の歯のケアをする時間がなく、気がつけば歯がボロボロになってしまった患者様です。介護が終わり、一段落したので今度は自分の歯をしっかり治療されたいとのご希望でした。

治療前

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

むし歯も進行が進み、欠損している歯も多く見られました。きちんと噛める歯を希望されておられましたので、インプラント治療による欠損補綴と、咬み合わせをしっかり整えるために矯正治療を行う計画を立てていきました。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

最終的にキレイな白い歯が入り、無事治療は完了しました。治療期間としては約2年ほどかかりましたが、治療終了時の「これからはいろんなことを前向きに頑張っていこうとおもいます」とのお言葉を聞き、治療出来てよかったと思います。

治療前

治療後

治療前
治療後

特に女性に関しては、出産や子育て、介護などのタイミングで、歯がボロボロになられる方は少なからずおられます。歯科医師としてはそんな中でも歯のケアだけは時間を見つけて行って欲しいとは思うものの、実際それを手助けできる手段もなければ方法もありません。私達に出来るのは、悪くなってしまった歯を出来る限り良い状態に持っていくことのみとなってしまいます。とはいえ、出産・子育て・介護と大変なタイミングではありますが、できれば3ヶ月に30分だけでも結構ですので歯科に通って頂ければ、少しでも多くの歯を守ることは出来るかと思います。お忙しい方もできるだけ待たずに終わるようにしますので、よろしければリフレッシュのつもりで歯医者にお越し頂ければと思います。

治療の内容 咬合崩壊を起こした歯列に対するインプラント治療を伴ったフルマウス治療
期間・回数 19ヶ月・30回(カウンセリング・検査含む)
費用 フルマウス治療 5,000,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


20代前半、上顎前突の歯列矯正による改善

キャラクター
23歳 男性
主訴(一番気になること)
前歯が出ているのを治したい
治療内容
上顎前突の矯正治療(大人の歯並び矯正)

子どもの頃から歯並びは悪かったそうですが、さほど気にされたことはなかったそうです。大人になってから営業先で歯並びのことを指摘され気になり始めたとのことでした。

治療前

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

咬み合わせ的には2級咬合と言って、日本人に多い咬み合わせで、いわゆる出っ歯と言われる状態です。2級咬合はブラケット矯正で治すことが可能です。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

幸い、20代前半と若いこともあり、治療は2年弱で終わりました。矯正は若いほど歯が動くのが早いのも特徴です。

治療前

治療後

治療前
治療後

歯並びの問題が気になるかならないかは、個人によって異なります。一生気にせず過ごされる方もおられれば、思春期に気になり始めたり、歯科医院で指摘されて気になる場合もあります。
こちらの患者様の場合は、お仕事のお得意先の方のご指摘ということですが、どんな形であれ歯並びを改善するためのきっかけになったことは違いありません。
今回治療されたことで、むし歯や歯周病のリスクは下がり、将来的に歯を長く多く保つ可能性は高くなったと思います。
これをきっかけに歯を大切にしていただき、私達も末永くお手伝いができればと思います。

治療の内容 出っ歯であった前歯の審美性と機能性の改善を求めた矯正治療
期間・回数 36ヶ月・38回(カウンセリング・検査含む)
費用 矯正治療  750,000円+税
リスク・副作用
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。


歯並びの改善と前歯の審美治療

キャラクター
29歳 女性
主訴(一番気になること)
前歯を綺麗にしたい
治療内容
叢生の矯正治療(大人の歯並び矯正)、審美補綴

歯の見た目が汚くコンプレックスで、最初は前歯のやり変えをご希望されてご来院されました。お話を重ねるうちに、一度きっちり治したいというご要望があり、全体的に矯正を含めた治療計画を立てていきました。

治療前

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

前歯の見た目でご相談に来られる患者様はたくさんおられます。ほとんどの患者さんは、その前歯だけの審美修復を望まれますが、実は多くの場合矯正が必要なことが多くあります。
前歯だけをキレイにしても歯並びが悪ければ他の歯が悪くなったり、きれいに治した前歯も割れたりかけたりすることもあります。これらは咬み合わせ、すなわち歯並びが関係しているためです。

治療後

治療後
治療前
治療後
治療後
治療前
治療後

まずは歯列矯正で歯並びを整え、最終的に気になっておられた補綴(被せ物)をキレイに仕上げました。

治療前

治療後

治療前
治療後

前歯の被せ物だけであれば、数週間〜数ヶ月の治療で済むかもしれませんが、歯並びを治すことによって得られるメリットはこれから先の人生において長く得ることが出来ます。
前歯の審美面でお悩みの方、一度歯並びについて考えてみませんか?スター歯科クリニックでは歯並び相談を随時承っています。

治療の内容 歯並びの改善(矯正治療)と古い被せ物をキレイに治すセラミック治療
期間・回数 40ヶ月・45回(カウンセリング・検査含む)
費用 矯正治療 750,000円+税
セラミッククラウン 130,000円×3 390,000円+税
合計1,140,000円+税
リスク・副作用
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。


咬合崩壊の進行を止めるインプラントと補綴治療

キャラクター
65歳 女性
主訴(一番気になること)
下の奥歯がない 上の前歯出てきた
治療内容
インプラント・補綴審美

過去に入れ歯を作成されたそうですが、全く馴染めずほとんど使用しないまま、歯が抜けたところを放置されておられたそうです。徐々に前歯に前突感を感じ始め、痛みも感じることが出てきたということでご相談に来られました。

治療前

インプラント・フル補綴 治療前
インプラント・フル補綴前
インプラント・フル補綴前
インプラント・フル補綴前
インプラント・フル補綴前
インプラント・フル補綴前

欠損歯が多く、奥歯がない状態で前歯で噛んでいたため、上の前歯の根がおれてしまっている状態でした。全顎的な治療介入が必要だったので、インプラントや被せ物などを駆使した全体治療を行いました。

インプラント・フル補綴後
インプラント・フル補綴後
インプラント・フル補綴後
インプラント・フル補綴後
インプラント・フル補綴後
インプラント・フル補綴後

前突感が出てきたのは、実は奥歯の欠損を放置していたためです。よくカウンセリングで例えるのですが、奥歯は「柱」前歯は「屋根」の役割を果たしています。柱である奥歯が抜けてしまえば、支えを失った前歯は徐々に前に倒れてきてしまいます。

これを咬合崩壊といい、そのまま治療しなければほぼすべての歯を失うこともある怖い症状です。スター歯科では欠損補綴の重要性を患者様にお話していますが、奥歯は特に大事な歯であると言えます。

治療後は以前よりもご友人との食事の時間が非常に楽しくなったと、治療結果に満足していただいているようで幸いです。

入れ歯が合わなかったときにその代替法やしない場合のリスクを説明できていないのは、私達歯科医師側にも問題があると思います。入れ歯どうしても嫌、合わないという方は、放置するのではなく歯科医にご相談ください。

治療の内容 咬合崩壊した歯列に対して行ったインプラント治療と咬合治療(噛み合わせの改善)
期間・回数 12ヶ月・20回(カウンセリング・検査含む)
費用 インプラント✕4歯 1,480,000円+税
噛み合わせの改善とセラミック治療 2,000,000円+税
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントとセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


7歳から始めた小児の咬合育形成

キャラクター
7歳 男性
主訴(一番気になること)
歯並びが悪いのが気になる
治療内容
小児矯正(顎咬合育形成)

私が診させていただいていた患者様のお子様が、歯並びが悪いと気にかけられて一緒に起こしになられました。埋伏(歯茎の中に埋まった状態)していたり歯列の内側から生えていたりと重度の叢生(ガタガタの歯並び)でしたが、目標を決めて治療を始めていくことになりました。

治療前

小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前
小児矯正 治療前

治療には拡大装置という、顎を広げる装置を使います。拡大装置はブラケットと違って取り外しが可能ですので、無理なく始めることができる反面、お子様本人と親御さんの協力が必要となります。

埋伏歯(埋まった歯)

スペースを広げて萌出

小児矯正 治療前
小児矯正 治療後
小児矯正 治療前
小児矯正 治療後

小児矯正は、咬合育形成と言い、顎を広げることにより歯を並べるスペースを作るという方法です。通常、成人矯正は顎の成長が止まってしまっているため、歯を並べるにはそのスペースを確保するため、抜歯をします。咬合育形成は歯を並べるスペースを広げることで確保するため、抜歯をせずに歯を並べることができます。永久歯は他の臓器と同じく、一度失ってしまえば戻ることはありません。たとえ歯を並べるためとはいえ、健康な歯を抜歯するのには歯科医師を含め抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

小児矯正は賛否両論で、行わないほうが良いという方もおられますが、あくまでも当院としては歯を抜く可能性が下がるのであれば、やっておくほうが良いと考えています。

小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後
小児矯正 治療後

期間はかかりましたが、歯並びが改善できて本人の満足度としても非常に高い治療結果が残せたと思います。

お子様の歯並びは遺伝や食生活、習癖(くせ)などによって不正になることがあります。歯並びが悪いとむし歯や歯周病にもなりやすいですし、しっかり噛めていなければお子様の成長や身体にも影響してきます。また、欧米諸国がそうであるように、キレイな歯列は自己管理の一部として捉えられることもあるかと思います。お子様の歯並びをキレイにしてあげたいとお考えなら、一度ご相談にお越しください。

治療の内容 小児矯正(子供の時期の歯並びの改善)
期間・回数 3年・40回(カウンセリング・検査含む)
費用 小児矯正 450,000+税
リスク・副作用
  • 矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。


咬み合わせが原因でむし歯を繰り返した方の外科矯正とフルマウス補綴

キャラクター
58歳 女性
主訴(一番気になること)
奥歯が痛い 銀歯を治したい
治療内容
外科矯正 フルマウス補綴治療

治療前

治療後

フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療後

昔から奥歯を治療しては悪くなりを繰り返しておられ、ご相談に来られました。患者様は重度の「開咬」という不正咬合で、そのために奥歯の不具合を繰り返されておられました。患者様自身そのことはご存じなかったようで、しっかり説明したところ、矯正治療を検討したいとのこでした。

治療前

フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前
フルマウス 外科矯正 治療前

開咬という不正咬合は、写真のように前歯で噛めない状態の咬み合わせのことで、残念ながら重度の場合は外科矯正という手術を伴う治療が必要でした。開咬の場合、前歯で噛めないため、そのストレスが全て奥歯にかかり、悪くなりやすい咬み合わせです。

また、ポカンと口を開けた状態のため口呼吸になりやすく、口呼吸を盛んにしてしまうと、口の中が乾燥し、菌が繁殖しやすくなります。そのため虫歯や歯周病にもなりやすく、また、口臭の原因となることあります。
更に、口の中からウイルスが入りやすくなり、風邪などの病気にかかるリスクが高くなります。

また、このように二次カリエス(むし歯の再発)を繰り返す方にとって銀歯は大敵となります。銀歯がお口に中にあると、ラクトバチルス菌というむし歯の進行菌が繁殖し、むし歯を育てていきます。また、金属と歯の接着面の相性もさほど良いものではないため隙間ができやすく、むし歯を繰り返す原因となってしまうのです。

フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後
フルマウス 外科矯正 治療後

矯正が終わり、すべての銀歯をセラミックに変えることも希望されました。これでむし歯の再発のリスクも更に低くなったと思います。

期間としては4年近くかかってしまいましたが、咬み合わせも歯の状態もとてもキレイで長持ちするものになりました。歯並び矯正や審美補綴(セラミック)は、咬み合わせやむし歯への耐性だけではなく、見た目的にも良い方向に影響を与えてくれることの多い治療です。最後には素敵な笑顔でお喜びいただけました。

治療の内容 矯正治療と矯正後のセラミック治療
期間・回数 4年・50回(カウンセリング・検査含む)
費用 矯正治療 外科矯正の為保険適応内
セラミック治療 9歯 1,170,000+税
リスク・副作用
  • セラミッククラウンの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • >矯正装置を装着した時は数日間歯が浮いたような痛みがあり、装置になれるまで口内炎がおこりやすくなります。
  • 矯正中に歯の清掃が不十分な場合は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 上下前歯の上下の中心線のずれが大きい場合は、完全に一致しないことがあります。


  • 1本のインプラントとフルマウス(全顎的)審美補綴

    キャラクター
    65歳 女性
    主訴(一番気になること)
    前歯や奥歯の銀歯が気になる
    治療内容
    インプラント、審美治療

    ご夫婦とも治療に来られた患者様です。最初にご主人が治療を受けられ、「あの先生は痛くない」と伝え聞き、奥様もご来院を決められたとのことでした。欠損歯(歯が抜けている状態)もあったため、インプラント治療を希望されましたので、インプラントの免荷期間(インプラントが骨と接着するのを待つ期間)に、他の歯も出来る限りキレイにしていくという計画を立て、治療していきました。

    治療前

    審美補綴治療前
    審美補綴治療前
    審美補綴治療前
    審美補綴治療前
    審美補綴治療前
    審美補綴治療前

    スター歯科では歯一本を診るのではなく、お口全体の健康状態を診させて頂いています。ですから欠損1本の治療ではなく、なぜその歯がなくなり、どうすれば他の歯がなくならないようになるのかを考えて治療計画をお出ししています。

    こちらの患者様の場合、銀歯多くむし歯になりやすいタイプの方であったと思います。更に銀歯はむし歯を進行させる菌が繁殖しやすいとされており、削っては銀歯のすき間がむし歯になりを繰り返し、どんどん自分の歯が削られていき、最終的に抜歯に至ったものだと思われます。その場合、例えインプラントで1本の歯を治療しても、次から次へと抜歯が重なり、最終的にはほとんどの歯を失ってしまうというような状態になりかねません。1本治して次の歯が悪くなるのを待つのでは、歯医者がむし歯を作っているようなものです。その治療をするしないは患者様の意思によりますが、少なくともその治療計画もお出しするのが私たちの努めであると考えています。

    治療後

    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後
    審美補綴治療後

    インプラント治療を含めて、約1年間で治療を終えました。虫歯になりやすい方の補綴(詰め物や被せ物)は、セラミックや金が向いているとされています。セラミックは歯垢が取れやすく、清掃性が高いため二次カリエスになる可能性を抑え、更に金は親和性が高く適度な硬さと粘りを持っているため、咬合力が強い奥歯などに向いています。それらの素材を使うことで、以前に比べ二次カリエスのリスクが低く、患者様自身にもご満足頂ける治療が出来ました。

    治療前

    治療後

    フルマウス補綴治療後
    フルマウス補綴治療後

    セラミックや金の補綴は自由診療のため、費用は決して安いものではありません。ですからスター歯科では患者様の要望に応じ、保険で出来る範囲の治療のみや、気になるところや見た目にわかりやすい部分、むし歯になりやすい歯のみを自由診療にというような複数の治療計画をお出しすることを心がけています。

    お口の中に金属の治療痕が多い方、気になられたら一度ご相談にお越し下さい。スター歯科では一人ひとりに応じた治療計画をお作りしています。

    治療の内容 インプラント治療およびセラミック治療
    期間・回数 12ヶ月 20回(カウンセリング・検査含む)
    費用 インプラント✕2歯 740,000円+税
    セラミッククラウン✕8歯 1,040,000円+税
    合計1,780,000円+税
    リスク・副作用
    • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
    • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
    • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
    • インプラントおよびセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。


    アマルガム(昔の銀歯)のダイレクトボンディングによるやり変え

    キャラクター
    50代 男性
    主訴(一番気になること)
    歯に残っている黒いものを白いのに変えたい
    治療内容
    ダイレクトボンディングによる審美治療

    昔から歯の溝に黒い治療跡があり、気になっておられたそうです。これまでかかられておられた歯科医に相談したところ、「そのままにしといたほうがいい」と言われたそうですが、ネットで調べ、アマルガムという体に良くない金属だという内容の趣旨が書いていたため、ご心配になられてご来院になられました。

    初診の相談にて、全てをダイレクトボンディングという樹脂による治療でやり変える治療をご希望されました。

    治療前

    治療前

    アマルガムとは過去に保険の治療などで使われていた金属で、成分としては水銀が含まれています。アマルガムについては賛否両論あり、身体に悪いという歯科医師もいれば問題ないという有識者もおられます。実際のところどうなのかはさておき、大切なことは金属が少しずつ溶け出すことにあります。もちろん溶け出した金属が身体に吸収され何らかの悪影響を及ぼすことも考えられますが、それ以前に治療後に蓋をした部分が溶け出すということは蓋の役割が薄れていくことは間違いありません。また、身体に悪いかもしれないと思いながら気にし続けるのであれば、取り替えてしまった方が精神衛生上良いのではないでかというのが当院の見解です。

    治療後

    治療後

    一回の治療で、全てのアマルガムの除去とダイレクトボンディングによるやりかえが完了しました。

    もちろん、今回のダイレクトボンディングも樹脂製ですから割れたり外れる可能性は否めません。それらを含めて治療した歯は経過を見てやり変える必要性があると思います。

    補綴物(詰め物や被せ物)というのは恒久的な治療ではありません。一般的な耐用年数に違いはありますが、どんな補綴物でも使用環境や咬み合わせの状態や力によってやり変えが必要になることもあります。大切なのはその時期を間違えないことです。スター歯科では、お口の中の治療痕・補綴物が大丈夫なのか、定期的に歯科医にチェックしてもらうことをお薦めしています。

    治療の内容 ダイレクトボンディング治療
    期間・回数 3回(カウンセリング・検査含む)
    費用 ダイレクトボンディング✕3歯 90,000円+税
    リスク・副作用
    • ダイレクトボンディングは経年的に変色や劣化がみられることがあります。


    むし歯により抜歯になった1本の歯のインプラント治療と審美補綴

    キャラクター
    50代 女性
    主訴(一番気になること)
    右下1本、歯がなくなったのを治したい
    治療内容
    インプラント セラミック治療

    右下の奥歯がむし歯になり、前医で抜歯となりました。前医では抜歯後の治療に義歯かブリッジしか出来ないということで、インプラント治療のご相談に来られました。ブリッジや入れ歯は周りの歯を削る必要があるため、治療に難色を示す人は少なくありません。

    治療前

    治療後

    治療前
    治療後
    治療前
    治療後
    治療前
    治療後

    歯がなくなった手前と奥の歯の詰め物も外れていたので、インプラントと同時にセラミックの詰め物の治療も行いました。見えないからと言って奥歯の治療を安易に考えてしまう方もおられますが、実は臼歯は特に咬み合わせにおいて重要で、しっかり治療することが大切です。また、今回の抜歯の原因となった理由がむし歯ということでしたが、銀歯は特にラクトバチルス菌(むし歯を進行させる菌)が繁殖しやすく、二次むし歯になりやすいとされています。ですからセラミックや金の歯を入れることで、歯の清掃性が高まり、二次カリエスのリスクを抑えることが出来ます。

    治療が終わりましたが、他にも銀歯は残っていますので、メインテナンスでそれが悪くなっていないかを含めて、歯に不安のない生活のサポートをさせて頂ければと思います。

    インプラント治療は、CTなどの診断装置を備え、ドクターがしっかりとした技術の修得・研鑽をしていなければ危険な治療です。ですから出来ないから悪い訳ではなく、出来ないのにやろうとする方が問題になります。インプラントを学ぶためにはセミナーや学会に参加する多くの時間が必要です。そのため、一人でやっておられる歯科医院やたくさんの患者様を診ておられるドクターではなかなかその時間を確保をするのは難しいかもしれません。私はたまたま勤務医時代にその環境があったためにしっかり学び、経験を重ねることができましたが、全ての歯科医師がそのような環境であるとは限りません。ですから「インプラントが出来ない」=悪い医院ではありません。もし、運悪く抜歯を免れない状態になった場合、インプラント治療だけ当院でというご希望でも結構です。お気軽にご相談下さい

    治療の内容 インプラント治療およびセラミック治療
    期間・回数 12ヶ月 20回(カウンセリング・検査含む)
    費用 インプラント✕1歯 370,000円+税

    セラミックインレー✕1歯 45,000円+税

    リスク・副作用
    • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
    • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
    • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
    • インプラントおよびセラミックの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。



    診療について

    診療時間
    月・火・木・金 9:30~19:00
    水・土 9:30~17:00
    休診日
    日・祝
    所在地
    神戸市垂水区学が丘4丁目3−1
    電話番号
    078-787-4182
    (悩みなしの良い歯に)

    診療カレンダー


    image